グロービス経営大学院、2021年度日本語MBAプログラム入学式をオンラインで開催 入学者数は過去最多1,126名、オンラインキャンパスへの入学者は昨対約3倍増

グロービス経営大学院(東京都千代田区、学長:堀義人)は3月28日(日)、2021年度日本語MBAプログラム入学式をオンラインで開催しました。入学者数は東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンラインの6キャンパスを合わせて過去最多の1,126名となりました。また、オンライン学習のニーズがより一層高まりオンラインキャンパスへの入学者数は昨年の約3倍に増加しました。

グロービス経営大学院では新型コロナウイルス感染症拡大の抑止を図りながら、新入生を祝して迎え入れる機会を設けるため、入学式を昨年同様にオンラインで開催しました。オンラインの入学式には、全国海外各地から多くの新入生が参加しました。

学長の堀義人は式辞で「2006年にはわずか70名程度だった在学生は今や日英合わせて1,100名を超え、『創造と変革の志士』たる卒業生を5,500名以上送り出してきました。グロービスは、規模の面でも、評価の面でも、日本No. 1の経営大学院になりました。皆さんが、自分の可能性を信じ、志を打ちたて、能力を研鑽し、人的ネットワークを駆使することで、多くのことが実現できると信じています」と述べました。

2021入学式.png

左:堀義人学長の式辞
右:新入生代表・中嶋一将さん挨拶

当日の様子:https://mba.globis.ac.jp/topics/detail-20549.html


グロービス経営大学院 「入学者数の成長と学生の多様性の増加」

最新_1126入学者数推移グラフ.jpg

2006年開学当初、78名だった大学院本科入学者数は、2021年4月には日本語プログラム(通学・オンライン)で1,126名に達し、日本最大のビジネススクールに成長しています。近年では、医師や弁護士などの専門資格職、エンジニアやデザイナーなどのクリエイティブ職、NPO職員や公益財団職員などの非営利職に従事する入学者が増えています。「プロスポーツ選手セカンドキャリア支援MBA奨学金」の開始を受け、プロスポーツ選手が入学する例も見られ、学生の多様性は急速に増しています。


グロービス経営大学院は、前身プログラムであるグロービス・オリジナルMBAプログラム(GDBA)の開講から18年、2006年の開学から15周年を迎えます。この15周年という節目の年に、「クリティカル・シンキング」へのAIラーニングシステム「GAiL」の提供開始(※1)といった取組や、オンラインと通学(オンキャンパス)を自由に行き来できる新たなプログラム、ハイブリッド型MBAへの刷新(※2)など、さらなる進化を遂げていきます。

※1クリティカル・シンキングへのAIラーニングシステム「GAiL」の提供について、概要はこちらをご覧ください。
※2 ハイブリッド型MBAプログラムへの刷新について、概要はこちらをご覧ください。


グロービス経営大学院日本語MBAプログラム 英語MBAプログラム
グロービス経営大学院は、2003年開始のグロービス・オリジナルMBAプログラムGDBAを前身として、2006年に開学(当初は株式会社立、2008年に学校法人に変更)。開学以来、「能力開発」「人的ネットワークの構築」「志の醸成」を教育理念に掲げ、ビジネスの創造や社会の変革に挑戦する高い志を持ったリーダー輩出のために尽力しています。東京・大阪・名古屋・仙台・福岡の5キャンパスに加え、2014年からオンラインでプログラムを提供。2017年4月に水戸、同年10月には横浜に特設キャンパスを開設。2009年にパートタイム英語MBAプログラム、2012年に全日制英語MBAプログラムを開始し、日本国内のみならず世界各国から留学生を招き入れています。2017年10月には英語オンラインMBAプログラム(本科)を開講しました。2006年開学当初78名だった大学院本科入学者数は、2021年4月には日本語プログラム(通学・オンライン)で1,126名に達し、日本最大のビジネススクールに成長しています。グロービス経営大学院は、今後も創造と変革を担うビジネスリーダーの育成を支援し、テクノベート(*)時代の世界No. 1 MBAを目指していきます。*テクノベート:テクノロジーとイノベーションを組み合わせた造語。

グロービス
グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業を行うグロービス・コーポレート・エデュケーションとeラーニングやオンラインクラスのほか定額制動画学習サービス「グロービス学び放題」などを提供するグロービス・デジタル・プラットフォーム、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに情報発信サイト/アプリ「GLOBIS知見録」により、これを推進しています。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1によるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOW による震災復興支援および社会的インパクト投資を展開しています。

グロービス:
学校法人 グロービス経営大学院
 ・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
 ・英語(東京、オンライン)

株式会社 グロービス
 ・グロービス・エグゼクティブ・スクール
 ・グロービス・マネジメント・スクール
 ・企業内集合研修
 ・出版/電子出版
 ・「GLOBIS 知見録」
 ・「GLOBIS Insights」
 ・「グロービス学び放題」
株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
GLOBIS ASIA CAMPUS PTE. LTD.
GLOBIS Thailand Co. Ltd.

その他の活動:
・一般社団法人G1
・一般財団法人KIBOW
・株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント

本件に関するお問い合わせ先
グロービス 広報室

E-MAIL: pr@globis.co.jp



PDF

Download

この記事をシェアする

ニュースリリース一覧へ