グロービス経営大学院 2021年度より新しい生活様式に合わせたハイブリッド型MBAへと刷新 オンラインと通学(オンキャンパス)を自由に行き来できる新たなプログラムへ

グロービス経営大学院は、オンライン上のコミュニケーションが一層重要となる新しい生活様式に合わせて、開学15周年となる2021年度より、現在のパートタイムMBAプログラム(日本語)、オンラインMBAプログラム(日本語)の2つのプログラムの垣根を撤廃し、パートタイムMBAプログラム(日本語)に統合。両MBAプログラムが融合したハイブリッド型MBAとしてプログラム形態が進化します。

201008_chart_1200-800_1014時点の最新.jpg

「ハイブリッド型MBAプログラム概要」

グロービスでは2020年3月以降、コロナ禍をきっかけとした新しい生活様式においても「学びを止めない」という方針のもと、2015年から積み重ねてきたライブディスカッション形式の授業の知見を活かし、全クラスをオンラインで提供してきました。その結果、従来、通学クラスを選択してきた学生から「授業の提供価値が通学と一切変わらないので、今後も積極的にオンラインでの受講を選択したい」といった声を多くいただきました。これらを受け、オンラインクラスの開講数を飛躍的に増加させ、さらにオンラインクラスと通学クラスを授業ごとに自由に行き来しながら受講できる新たなプログラムに進化させることを決定しました。オンラインの特徴である、国境や地域を超えて多様なキャリアの学生が集うことを最大限に活かし、多くの気づきや深い学びを提供することを目指します。また、オンラインならではのチャット機能の活用によって、学習効果の更なる向上を実現させます。同時に、受講地域を越えた人的ネットワークの形成強化を図ることで『創造と変革の志士』が集うグロービスのコミュニティ価値も向上させていきます。


なお、本プログラム統合後の2021年度以降も東京、大阪、名古屋、仙台、福岡の各キャンパス、水戸、横浜の特設キャンパスでの、通学クラスは引き続き開講します。また、本プログラムの統合/進化により、2021年度より通学クラスとオンラインクラスの間での振替受講も可能となります。


今後、国内7つのキャンパスは『7つの創造と変革の生態系の中心地』として位置づけなおし、ビジネススクールの枠組みを超えた役割を強化します。各地域に住む本科生/卒業生を中心とした創造と変革を支えるワーキングスペースやインキュベーション施設、地域毎の人的ネットワークの形成拠点として利活用していきます。さらに、各自治体、企業、団体、コミュニティとの連携を強めることで、社会の創造と変革にも貢献していきます。


<グロービス経営大学院 経営研究科 研究科長 田久保善彦コメント>

グロービス経営大学院は、開学15周年の節目の年に、オンラインと通学(オンキャンパス)での学びを融合した新しいビジネススクールへと進化します。これまで、オンラインMBAプログラムは、2015年の設立時より、通学クラスをオンライン上で完全に再現するための知見を蓄積してきました。これに加え、2021年度以降は、オンライン上で取得可能な様々なデータを、AIなどのテクノロジーを活用して学びの定着に生かすなど、オンラインならではの学習効果も追求します。また、オンラインならではの人的ネットワークの形成も支援します。なお、これまで同様、オンラインクラスだけで卒業要件を満たすことも可能です。
また、国内7つのキャンパスは、通常の授業の開催に加え、卒業生の活躍や地域社会貢献を支援するサービス提供の場として利活用し、グロービスコミュニティの文化醸成の場としての位置づけも強化します。グロービス経営大学院自身が、「創造と変革の経営大学院」として、リアルとオンラインが融合した新しい社会人教育様式を社会に提案していきます。


<参考リリース>
グロービス経営大学院、3月2日以降のクラス開講をオンラインで実施
https://www.globis.co.jp/news/release/20200228_mba.html   

グロービス経営大学院、第16回「グロービス アルムナイ・アワード」を授与 マクアケ・木内文昭、DIVE INTO CODE・野呂浩良、アクサ損害保険・小原奈名絵、KADOKAWA・各務茂雄 社会や組織の課題解決に果敢に挑戦し、事業の創造・組織の変革に成果を上げた4氏に
https://www.globis.co.jp/news/release/20200706_mba.html 

グロービス経営大学院、横浜市と「起業家・イノベーション人材の創出・育成に関する連携協定」を締結  「イノベーション都市・横浜」推進に向けた地域への貢献を加速
https://www.globis.co.jp/news/release/20200918_mba.html 

◆グロービス経営大学院
(日本語プログラム: https://mba.globis.ac.jp 英語プログラム: https://www.globis.ac.jp)
グロービス経営大学院は、2003年開始のグロービス・オリジナルMBAプログラムGDBAを前身として、2006年に開学(当初は株式会社立、2008年に学校法人に変更)。開学以来、「能力開発」「人的ネットワークの構築」「志の醸成」を教育理念に掲げ、ビジネスの創造や社会の変革に挑戦する高い志を持ったリーダー輩出のために尽力しています。東京・大阪・名古屋・仙台・福岡の5キャンパスに加え、2014年からオンラインでプログラムを提供。2009年にパートタイム英語MBAプログラム、2012年に全日制英語MBAプログラムを開始し、日本国内のみならず世界各国から留学生を招き入れています。2017年10月には英語オンラインMBAプログラム(本科)を開講しました。2006年開学当初78名だった大学院本科入学者数は、2019年4月には日本語プログラム(通学・オンライン)で902名に達し、日本最大のビジネススクールに成長しています。グロービス経営大学院は、今後も創造と変革を担うビジネスリーダーの育成を支援し、アジアNo. 1のビジネススクールを目指していきます。

 

◆グロービス (https://www.globis.co.jp)
グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業 を行うグロービス・コーポレート・エデュケーションとeラーニングやオンラインクラスなどを提供するグロービス・デジタル・プラットフォーム、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに情報発信サイト/アプリ「GLOBIS知見録」により、これを推進しています。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1によるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOW による震災復興支援および社会的インパクト投資を展開しています。

グロービス:
・学校法人 グロービス経営大学院
 ・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
 ・英語(東京、オンライン)
・株式会社 グロービス
 ・グロービス・エグゼクティブ・スクール
 ・グロービス・マネジメント・スクール
 ・企業内集合研修
 ・出版/電子出版
 ・「GLOBIS知見録」
・株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
・顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
・GLOBIS ASIA CAMPUS PTE. LTD.
・GLOBIS Thailand Co. Ltd.

その他の活動:
・一般社団法人G1
・一般財団法人KIBOW
・株式会社 茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント

■本件に関するお問い合わせ先
グロービス 広報室 担当:田村菜津紀
E-MAIL: pr@globis.co.jp

PDF

Download

この記事をシェアする

ニュースリリース一覧へ