グロービス経営大学院、クラウドファンディングサービスを展開する「READYFOR」と業務提携 在校生・卒業生に向け、事業の資金調達とサポーター作りの支援プログラムを開始

グロービス経営大学院(東京都千代田区、学長:堀義人)は2019年12月18日、READYFOR株式会社(東京都千代田区、代表取締役CEO:米良はるか氏)と業務提携し、「グロービス経営大学院 クラウドファンディング Supported by READYFOR」を開始します。グロービス経営大学院の在校生・卒業生を対象に、国内最大級のクラウドファンディングサービス「READYFOR」を通じて、事業の資金調達とサポーター作りを支援します

Globis_Readyfor.jpg

「グロービス経営大学院 クラウドファンディング Supported by READYFOR」特設ページhttps://mba.globis.ac.jp/feature/support/cloudfounding.html

グロービス経営大学院では、在校生や卒業生の志の実現に向けた様々な支援を行っています。最大1,000万円を出資し、起業や事業の規模化を支援するビジネスプランコンテスト「GLOBIS Venture Challenge」(通称:G-CHALLENGEの開催や、在校生または卒業生が起業したベンチャー企業を対象とする投資プログラム「GLOBIS Alumni Growth Investment」(通称:G-Growthなどを展開しています。これらの取り組みに加え、在校生や卒業生による社会の創造と変革への挑戦をさらに後押しするため、今回、READYFORと提携しクラウドファンディングによる資金調達の支援プログラムを開始することとなりました。

本プログラムでは、在校生や卒業生が、事業の立ち上げに際して出資を募りたい場合に、グロービス経営大学院が窓口となり、READYFORのサービス上でクラウドファンディングのプロジェクトを開設します。本プログラムを通じてクラウドファンディングを実施した場合、プロジェクト成立(資金調達の目標金額を達成)時の手数料の一部を優遇します。また、グロービス経営大学院のコミュニティの内外へプロジェクトを発信し、資金調達とサポーター作りを支援します。

グロービス経営大学院 研究科長の田久保善彦は、「グロービス経営大学院は開校以来、創造と変革の志士を輩出する場として、能力・ネットワーク・志を磨き続ける機会を提供してきました。自らの志の実現に向かい、日々チャレンジをされている在校生、卒業生に寄り添い、その活動を学校として支援し続けたいという想いから、在校中から卒業後にわたりさまざまなイベントやサービスを設けています。今般、グロービスの在校生、卒業生の活躍の支援、そして、互いに支え合うグロービスコミュニティの絆をより強固にすることを目的とし、資金調達について、支援できる場を設定しました。ぜひ、志の実現に向け、皆様からの力強いご支援とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。」と話しています。
 

◆「グロービス経営大学院 クラウドファンディング Supported by READYFOR」概要

開始日    2019年12月18日
対象者   グロービス経営大学院のMBAプログラムの在校生と卒業生、
      および前身のグロービス・オリジナルMBAプログラムGDBAの卒業生
支援内容  ・グロービス経営大学院が窓口となり「READYFOR」上で資金調達のプロジェクトを開設
      ・プロジェクト成立(資金調達の目標金額を達成)時の手数料の一部を優遇
      ・グロービス経営大学院のコミュニティの内外へプロジェクトを発信、サポーター作りを支援
特設ページ https://mba.globis.ac.jp/feature/support/cloudfounding.html
問合せ   電話: 03-5275-3973 メール: career@globis.ac.jp


◆READYFOR株式会社について
READYFOR株式会社は、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」をビジョンに日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「READYFOR」を運営しています。2011年3月のサービス開始から1万件以上のプロジェクトを掲載し、58万人から約100億円の資金を集め、国内最大級のクラウドファンディングサービスとして、小学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています。(2019年12月時点)「カンブリア宮殿」をはじめ様々なメディアに掲載され、2016年6月サービス産業生産性協議会が主催する第1回日本サービス大賞優秀賞を受賞。2019年5月経済産業省等が主催する第5回日本ベンチャー大賞経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞。

◆グロービス経営大学院
(日本語プログラム: https://mba.globis.ac.jp 英語プログラム: https://www.globis.ac.jp
グロービス経営大学院は、2003年開始のグロービス・オリジナルMBAプログラムGDBAを前身として、2006年に開学(当初は株式会社立、2008年に学校法人に変更)。開学以来、「能力開発」「人的ネットワークの構築」「志の醸成」を教育理念に掲げ、ビジネスの創造や社会の変革に挑戦する高い志を持ったリーダー輩出のために尽力しています。東京・大阪・名古屋・仙台・福岡の5キャンパスに加え、2014年からオンラインでプログラムを提供。2009年にパートタイム英語MBAプログラム、2012年に全日制英語MBAプログラムを開始し、日本国内のみならず世界各国から留学生を招き入れています。2017年10月にはオンライン英語MBAプログラムを開講しました。2006年開学当初78名だった大学院本科入学者数は、2019年8月には日本語・英語プログラムを合わせて921名に達し、日本最大のビジネススクールに成長しています。グロービス経営大学院は、今後も創造と変革を担うビジネスリーダーの育成を支援し、アジアNo. 1のビジネススクールを目指していきます。

◆グロービス (https://www.globis.co.jp
グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業 を行うグロービス・コーポレート・エデュケーションとeラーニングやオンラインクラスなどを提供するグロービス・デジタル・プラットフォーム、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに情報発信サイト/アプリ「GLOBIS知見録」により、これを推進しています。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1によるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOW による震災復興支援および社会的インパクト投資を展開しています。


グロービス:
・学校法人 グロービス経営大学院
 ・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
 ・英語(東京、オンライン)
・株式会社 グロービス
 ・グロービス・エグゼクティブ・スクール
 ・グロービス・マネジメント・スクール
 ・企業内集合研修
 ・出版/電子出版
 ・「GLOBIS知見録」
・株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
・顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
・GLOBIS ASIA CAMPUS PTE. LTD.
・GLOBIS Thailand Co. Ltd.

その他の活動:
・一般社団法人G1
・一般財団法人KIBOW
・株式会社 茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント

■本件に関するお問い合わせ先
グロービス 広報室 担当:田中隆丞
E-MAIL: pr@globis.co.jp TEL:03-5275-3870 FAX:03-5275-3890 https://www.globis.co.jp

PDF

Download

この記事をシェアする

ニュースリリース一覧へ