浜松市とグロービス、「ベンチャー経営塾」を共同で開講へ
市内ベンチャー企業経営者等を対象に、テクノロジー時代の経営知・スキルを磨くプログラム

浜松市とグロービス(東京都千代田区、代表:堀義人)は、2019年10月から2020年2月にかけ、「ベンチャー経営塾」を共同で開講します。主な対象は、浜松市内のベンチャー企業経営者、中小企業経営者、創業希望者(いずれも大学生含む)です。テクノロジーによってビジネスの変革が急速に進むテクノベート(※)の時代に、経営戦略の立案や組織マネジメントに必要な知識とスキルを身に付けるプログラムです。
(※)「テクノベート」は、テクノロジーとイノベーションを組み合わせたグロービスの造語です。

グロービスでは、これまでも沖縄県、岡山県、福岡県、横須賀市などの地方自治体と連携し、地域の経営人材の育成に携わってきました。この取組みをさらに拡大すべく、この度、浜松市産業部産業振興課ベンチャー支援グループ主導の下、市内の次世代の産業を担うベンチャービジネスの経営者を育成・輩出することを目指し、本プログラムを実施することとなりました。グロービスは全6回にわたる研修の設計、専門講師の派遣などプログラム提供について全面的に協力します。

本プログラムの開講にあたり、鈴木康友市長は、以下のように話しています。

201907_鈴木康友市長.jpg「浜松市は、この地で起業し、産業を興し発展させた先人達から受け継ぐ『やらまいか精神』というチャレンジスピリットのもと、"民間力"により発展してきた産業都市です。近年、本市は輸送用機器産業を基幹産業として地域経済を発展させてきました。また、光・電子技術は世界をリードする先端技術として有名です。しかしながら、産業経済を取り巻く状況は、我が国の人口減少や少子高齢化、自動車産業では100年に一度と言われるEV化や自動運転等、CASEと呼ばれる世界的な技術革新に伴うビジネス環境の変化の中にあり、企業もその対応を求められています。本市が産業都市としてこれからも発展していくためには、特に個々の中小企業の経営力強化が必要です。今回の『ベンチャー経営塾』では、意欲ある本市の経営者により強い経営力を身に付けて頂き、我が国を代表するベンチャー経営者に成長してくれることを期待しています。グロービスがこれまで積み重ねてこられたノウハウ等を通じて、本市産業力強化にお力添え頂けましたら幸いです。」

 


◆浜松市「ベンチャー経営塾」概要
主催:  浜松市
協力:  株式会社グロービス
会場:  浜松市地域情報センター3F 研修室(DAY1~6)浜松市中区中央1-12-7
     Any -エニィー-(DAY0 オリエンテーション)浜松市中区千歳町91-1 遠鉄モール街ビル1F
定員:  25名
対象者: 浜松市内のベンチャー企業経営者、中小企業経営者、創業希望者(いずれも大学生含む)など
受講料: 90,000円 ※大学生45,000円 (いずれも税抜き)

 
カリキュラム内容:DAY1~6の講義時間は9:00~17:00(うち休憩1時間)

●DAY0
 9月18日(水)18:00~20:00「オリエンテーション」
 受講決定者向けに、研修の意義を理解し学習へのモチベーションを高めるためのマインドセットを行います。

●DAY1
 10月12日(土)「本質的思考力」 講師:谷口学
 ビジネスを行う上で必要となる説得力ある論理の組み立てを学び、自身の思考の癖を認識する。

●DAY2
 11月9日(土)「経営戦略」 講師:大崎司
 経営戦略を考える上で踏むべき思考プロセスや各プロセスにおける基本的な視点(フレームワーク)・定石を押さえる。

●DAY3
 11月30日(土)「マーケティング」 講師:大崎司
 マーケティングを考える上で踏むべき思考プロセスや各プロセスにおける基本的な視点(フレームワーク)・定石を押さえる。

●DAY4
 12月21日(土)「テクノベート・ストラテジー(基礎)」 講師:林浩平
 テクノベート時代に競争優位を構築する上で、必ず押さえておくべき重要な概念に関する理解を深める。

●DAY5
 1月11日(土)「テクノベート・ストラテジー(応用)」 講師:林浩平
 テクノベート時代の企業戦略の定石を理解し、それに基づいた戦略的思考力を高める。

●DAY6
 2月8日(土)「テクノベート・リーダーシップ」 講師:林浩平
 テクノベート事業/事業創造に必要な人材のマネジメントや組織文化、リーダーをしてのあり方について学ぶ。


問い合わせ:浜松市産業部産業振興課 ベンチャー支援グループ(担当:米村、山下)
      〒430-8652 浜松市中区元城町103 番地の2 (本庁6F)
      TEL: 053-457-2825 FAX: 053-457-2283 E-mail: vs-sangyo@city.hamamatsu.shizuoka.jp

 

◆グロービス (https://www.globis.co.jp

グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業 を行うグロービス・コーポレート・エデュケーションとeラーニングやオンラインクラスなどを提供するグロービス・デジタル・プラットフォーム、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに情報発信サイト/アプリ「GLOBIS知見録」により、これを推進しています。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1によるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOW による震災復興支援も展開しています。

グロービス:
・学校法人 グロービス経営大学院
 ・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
 ・英語(東京、大阪、オンライン)
・株式会社 グロービス
 ・グロービス・エグゼクティブ・スクール
 ・グロービス・マネジメント・スクール
 ・企業内集合研修
 ・出版/電子出版
 ・「GLOBIS知見録」

・株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
・顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
・GLOBIS ASIA CAMPUS PTE. LTD.
・GLOBIS Thailand Co. Ltd.

その他の活動:
・一般社団法人G1
・一般財団法人KIBOW
・株式会社 茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント

■本件に関するお問い合わせ先
グロービス 広報室 担当:田中隆丞
E-mail: pr@globis.co.jp TEL:03-5275-3870 FAX:03-5275-3890 https://www.globis.co.jp

PDF

Download

この記事をシェアする

ニュースリリース一覧へ