グロービス、アクセラレーションプログラム「G-STARTUP」を開始
有望スタートアップを採択し事業開発を支援、グロービスは最大5000万円を投資

グロービス(東京都千代田区、代表:堀義人)は2019年4月29日、グロービス・キャピタル・パートナーズ(略称GCP)や学校法人グロービス経営大学院、一般社団法人G1などと協力し、スタートアップ企業を対象とするアクセラレーションプログラム「G-STARTUP」を開始します。将来的に日本を代表するベンチャー企業へ成長することが期待されるスタートアップの起業家を採択し、成功した起業家やベンチャー支援の専門家などによる講義を実施。メンターの伴走を通じてプロダクト開発・事業開発を支援します。その後、事業発表を行うデモデイを経て、有望なスタートアップへの支援をオープンに募り、グロービスからは1社あたり最大5000万円の投資を検討します。本プログラムの開始にあたり、以下でローンチイベントを開催します。

G-STARTUP 特設サイト
https://g-startup.jp/


<「G-STARTUP」 プログラムロゴ>
G_STARTUP_logo.jpg

これまでグロービス経営大学院では、最大1000万円を出資するビジネスプランコンテスト「GLOBIS Venture Challenge」を毎年開催しており、2018年10月からは、在校生または卒業生が起業したベンチャー企業を対象に最大1億円を投資するプログラム「GLOBIS Alumni Growth Investment」(通称:G-Growth)を実施しています。またGCPでは、150社以上の投資実績を持ち、運用総額累計は1000億円を超えるなど、グロービス・グループ全体でベンチャーの生態系構築を精力的に推進しています。この度、スタートアップに対する支援を拡大し、ベンチャーの生態系構築を加速するために、「G-STARTUP」を開始することを決定しました。

「G-STARTUP」では5月以降、本プログラムに参加する起業家を募集。書類選考や面談を経て、採択者を決定します。採択された起業家には、プログラム期間中伴走するメンターとのマッチングを行ったのち、成功した起業家やベンチャービジネスの専門家がファカルティとして講義を実施。GCP代表パートナーの今野穣や本プログラムの趣旨に賛同いただいた起業家(※1)らがファカルティとして講義を担当する予定です。2019年11月にデモデイの開催を予定しており、GCPを含むベンチャー・キャピタル、エンジェル投資家が出資検討者として参加します。

本プログラムの開始にあたり、グロービス代表/GCP代表パートナーの堀義人は以下のように話しています。

「ユニコーンを100社輩出する生態系を共に築く」
日本のスタートアップを牽引してきたグロービスが、ユニコーン企業を100社輩出するためのプラットフォームである「G-STARTUP」を開始します。そのビジョンに向けて、グロービスが培ってきた5つのインフラ(ヒト、カネ、チエ、ネットワーク、大企業連携 ※2)を惜しみなく提供し、有能なスタートアップ企業・予備軍を募集・採択し、成功した起業家、技術やベンチャー支援の専門家、そしてエンジェル・ベンチャーキャピタルとともに支援します。基本的には、他のアクセラレーションプログラムやエンジェル・ベンチャーキャピタルにも開かれたオープンなプラットフォームを目指します。

◆(※1)起業家向けの講義を担当するファカルティ(お名前 50音順)
株式会社ユーザベース 代表取締役社長(共同経営者) 梅田優祐様
ヤフー株式会社 常務執行役員 小澤隆生様
株式会社メルカリ 取締役社長 兼 COO 小泉文明様
株式会社アカツキ 共同創業者 代表取締役CEO 塩田元規様
スマートニュース株式会社 代表取締役会長 共同CEO 鈴木健様
グリー株式会社 代表取締役会長 兼 社長 田中良和様
株式会社マネーフォワード 代表取締役社長 CEO 辻庸介様
ラクスル株式会社 代表取締役社長 CEO 松本恭攝様
株式会社ビズリーチ 代表取締役社長 南壮一郎様
株式会社アイスタイル 代表取締役社長 兼 CEO 吉松徹郎様

◆(※2)「GLOBISの5つの確たるインフラ」の上に誕生する「G−STARTUP」
1. ヒト:
約7000人の在校・卒業生を抱えるグロービス経営大学院の起業家人材

2. カネ:
投資社数150社に上るGLOBIS Capital Partnersの約1000億円の累計運用資産

3. チエ:
累計販売数300万部の書籍出版、2500本以上の動画と4000本以上の記事を配信する「GLOBIS知見録」、登録ID数4万の動画サービスを配信する「グロービス学び放題」から提供される知恵

4. ネットワーク:
日本良くするプラットフォーム「G1」に集う政治・経済・ビジネス・科学技術・文化など、様々な分野の第一線で活躍するリーダーのネットワーク

5. 大企業連携:
幹部育成の実績がある大企業数百社との連携可能性

■アクセラレーションプログラム「G-STARTUP」概要
対象: 将来的に日本を代表するベンチャー企業へ成長することが期待されるスタートアップの起業家
支援内容: 成功した起業家などがファカルティとなり、採択企業がユニコーンを目指すために必要な視点を授ける講義を実施。ファカルティの推薦するメンターが、起業家に伴走し事業開発・プロダクト開発を支援。

採択時、並びに、プログラム終了後に採択企業とグロービス双方の合意に基づき出資を実施

<プログラム概要>
2019年5月~7月 起業家募集
公募・推薦でスタートアップ起業家を募集

2019年7月~8月 書類選考・面談
経営チーム、事業計画、サービス・プロダクトの開発状況を元に書類選考し、面談を実施。採択企業を決定

2019年8月 マッチングイベント
採択された起業家と、メンターとのマッチングを実施

2019年9月~11月 支援プログラム
メンターが事業開発・プロダクト開発を伴走支援。加えて、成功した起業家などがファカルティとなり、ユニコーンを目指すために役立つ講義を実施

2019年11月 デモデイ
事業発表イベント。ベンチャー・キャピタル、エンジェル投資家が出資検討者として参加。グロービスからも有望なスタートアップ起業家に1社あたり最大5000万円を投資

◆グロービス (https://www.globis.co.jp
グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業 を行うグロービス・コーポレート・エデュケーションとeラーニングやオンラインクラスなどを提供するグロービス・デジタル・プラットフォーム、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに情報発信サイト/アプリ「GLOBIS知見録」により、これを推進しています。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1によるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOW による震災復興支援も展開しています。

グロービス:
・学校法人 グロービス経営大学院
 ・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
 ・英語(東京、大阪、オンライン)
・株式会社 グロービス
 ・グロービス・エグゼクティブ・スクール
 ・グロービス・マネジメント・スクール
 ・企業内集合研修
 ・出版/電子出版
 ・「GLOBIS知見録」
・株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
・顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
・GLOBIS ASIA CAMPUS PTE. LTD.
・GLOBIS Thailand Co. Ltd.

その他の活動:
・一般社団法人G1
・一般財団法人KIBOW
・株式会社 茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント

■本件に関するお問い合わせ先
グロービス 広報室 担当:田中隆丞
E-mail: pr@globis.co.jp TEL:03-5275-3870 FAX:03-5275-3890 https://www.globis.co.jp

PDF

Download

この記事をシェアする

ニュースリリース一覧へ