創造に挑み、
変革を導く

グロービスは、
経営に関する「ヒト」・「カネ」・「チエ」の生態系を創り、
社会の創造と変革を行います

ヒト:経営大学院の創設・企業内リーダーの育成 カネ:ベンチャー企業への投資 チエ:経営ノウハウの出版・発信

代表 堀義人は1990年、留学中のハーバード・ビジネス・スクールのキャンパスの芝生に座りながらノートに3つの円を描いた。
円の中に書いた言葉は、「ヒト」、「カネ」、「チエ」。
「ヒト」は、経営大学院の創設と企業内リーダーの育成。「カネ」は、ベンチャー企業への投資。「チエ」は、経営ノウハウの出版・発信。

堀は、これらの生態系を創り上げれば、多くの人材が輩出され、ベンチャーが育ち、日本のダイナミズムが維持できると考えた。
その当時思い描いたイメージが、今のグロービスのビジョンとなっています。