グロービスとは

代表メッセージ

グロービスは、経営に関するヒト・カネ・チエのビジネスインフラを構築し、社会の創造と変革をサポートします

グロービス代表 堀 義人

グロービスは、1992年に渋谷の小さな貸し教室でマーケティングの1講座からスタートしました。

創業の時から20年を経た今も、「経営に関するヒト・カネ・チエの生態系を創り、社会に創造と変革を行う」というビジョンを掲げ、その実現に向けて取り組んでいます。

「ヒト」の面では、「グロービス経営大学院(MBA)」ならびに「グロービス・エグゼクティブ・スクール」にて、「創造と変革の志士」となるビジネスリーダーを育成・輩出するとともに、企業内集合研修などの「法人向け人材育成サービス」を通じて企業の経営力強化のサポートを行っています。

「カネ」の面では、価値創造型ベンチャーキャピタルである「グロービス・キャピタル・パートナーズ」にて、ベンチャー企業に対して経営資源をトータルにバックアップし、企業の成長をプロデュースしています。

さらに、「チエ」の面では、「グロービスMBAシリーズ」の書籍を始めとする経営書の出版ならびに、ビジネスを面白くするナレッジライブラリ「GLOBIS知見録」のウェブサイトと スマホアプリを通じて、経営・マネジメントに役立つコンテンツの発信を行っております。

アパート1室と貸し教室からスタートしたグロービスは、2006年に文部科学省の認可を受け、MBA学位を授与できる経営大学院となりました。2012年には、仙台校福岡校(開校は2013年4月)を開設し、キャンパスはそれまでの東京大阪名古屋と合わせて計5カ所となりました。また、同じ2012年には「全日制の英語MBAプログラム」を開講したほか、主に企業向けグローバル研修サービスを提供する中国法人シンガポール法人を相次いで設立しました。2015年にはタイ法人も設立しました。ベンチャーキャピタル事業も、当初は5億円からのスタートでしたが、現在では運用総額500億円規模に至っています。

グロービスは、「アジアNo.1のビジネススクール」「アジアNo.1ベンチャーキャピタル」となることを目指し、これからも自らが率先して「創造」と「変革」に挑み続けていきます。

今後も、グロービスの理念、ビジョンに従い、日本の視野、アジアの視野、 世界の視野をもって社会の創造と変革を促すべく、日々邁進していきます。

グロービス代表 堀 義人

ページの先頭へ

プライバシーポリシー | お問い合わせ

Copyright © 2013 GLOBIS