グロービス経営大学院、全日制英語MBAプログラム2020年度卒業式を挙行 8カ国17名の卒業生を輩出

グロービス経営大学院(東京都千代田区、学長:堀義人)は8月22日(日)、全日制英語MBAプログラム2020年度卒業式を東京校にて執り行いました。9期目となる今年度の卒業生は17名、出身国は8カ国です。英語MBAプログラムでは、2009年4月にパートタイムプログラム(現パートタイム&オンラインMBAプログラム)、2012年10月に全日制プログラムを開講して以来、両プログラムを合わせた卒業生の累計は584名に達しました。卒業生の90%以上が日本国外から来た外国籍の学生となっており、国内でも類まれな国際色豊かな学習環境の中、世界で活躍するビジネスパーソンの育成を行っています。

FT Grad 2021.jpg

堀義人学長は式辞で「志に、正解はありません。人生の最後まで、どの選択が正しいかはわからない。最も重要なのは、自分自身のミッションを探し続けることです。そうすることで、あなたの人生の方向性が定まり、困難に立ち向かう力を手にすることができます。」と卒業生たちに激励の言葉を贈りました。

また、卒業生代表として2名がスピーチを行いました。Izumi Monica Gutierrez Kumazawa(メキシコ出身)は、「世界的危機の中で、私たちは勇敢にも自らの意思で、機会を掴み、今ここにいます。この決断力とレジリエンスは、間違いなく私たち一人ひとりの強みであると胸を張って言うことができます。ここにいる全員が、既に、志を実現し、成功するための力を備えているのです。」 と述べ、共に学んだ仲間へ励ましの言葉を送りました。Micho Oquindo Santillan(フィリピン出身)は、「グロービスでMBAを学ぶ経験を通して、私たちは社会に変革と創造を生み出すリーダーになる為のスキルを学びました。今後、私たちはリーダーとして、人々が災害や悲劇に見舞われたとき、ただそこで新しい日常がやってくる日を待つのではなく、自らその実現のために力を発揮していかなければなりません。今以上に、社会課題を論理的かつ構造的に捉え、解決することのできる志と熱意のあるリーダーが、世界中で求められている時はありません。」 と、リーダーとしての責任と覚悟について述べました。

なお、卒業生の出身国・地域は、インドネシア、メキシコ、モザンビーク、パナマ、フィリピン、スペイン、タイ、ベトナムの8か国・地域となります。

グロービス経営大学院は、新型コロナウイルスの感染拡大が確認されて以来、大学院内外への新型コロナウイルス感染拡大の抑止と、学生、講師、大学院スタッフの安全確保を最優先にしながら、学生が安心して学びを継続できるよう、オンラインを活用したクラス開講やセミナー開催、奨学金による支援など、各種の施策を行っています。2020年3月20日には、これまでに培ってきたオンライン授業の運営ノウハウを活かして、全てのクラスを一斉にオンラインに切り替えました。現在は、オンラインとオフライン双方を提供するハイブリッド型MBAとして、クラスを開講しています。英語MBAプログラムでは、今回の新型コロナウイルス感染拡大による学生への影響を鑑み、希望する学生に対して個別面談を実施しました。



【英語MBAプログラム・学生の主な活動】

(1)「テクノベートMBA」科目の受講
グロービス経営大学院では、最先端のテクノロジーを理解しイノベーションを生み出す新時代のビジネスリーダーを育成する「テクノベートMBA」の科目を展開しています。英語MBAプログラムのカリキュラムでは、「Technovate Thinking(テクノベート・シンキング)」「Technovate Strategy(テクノベート・ストラテジー)」といった基礎科目に加えて、「Robotics and AI Business Innovation」「Innovation through Virtual Teams」などの開講科目数を拡充。学生は、テクノロジーが変革するビジネスや、テクノベート時代の問題解決方法を学びます。

(2)「コーポレート・メンターシップ・プログラム(CMP)」を通じて日本企業の就労体験の機会を提供
日本国内のグローバル企業125社との提携によるCMPの取り組みを継続。提携企業へのインターンシップ(100時間以上)では、日本企業の仕事や企業文化を学び、結びつきを強める活動に取り組みを行っています。(CMPについて: https://www.globis.ac.jp/careers/for-corporate-partners/)



◆グロービス経営大学院 2021年度全日制英語MBAプログラム概要

開講時期:  2021年10月
開講場所:  グロービス経営大学院 東京校
標準修業年限:  1年間(インターンシップ期間含む)
詳細: https://www.globis.ac.jp/admissions/
問合せ(メール): imba-info@globis.ac.jp

◆グロービス経営大学院(日本語プログラム: https://mba.globis.ac.jp 英語プログラム: https://www.globis.ac.jp)

グロービス経営大学院は、2003年開始のグロービス・オリジナルMBAプログラムGDBAを前身として、2006年に開学(当初は株式会社立、2008年に学校法人に変更)。開学以来、「能力開発」「人的ネットワークの構築」「志の醸成」を教育理念に掲げ、ビジネスの創造や社会の変革に挑戦する高い志を持ったリーダー輩出のために尽力しています。東京・大阪・名古屋・仙台・福岡の5キャンパスに加え、2014年からオンラインでプログラムを提供。2017年4月に水戸、同年10月には横浜に特設キャンパスを開設。2009年にパートタイム英語MBAプログラム、2012年に全日制英語MBAプログラムを開始し、日本国内のみならず世界各国から留学生を招き入れています。2017年10月には英語オンラインMBAプログラム(本科)を開講しました。2006年開学当初78名だった大学院本科入学者数は、2021年4月には日本語プログラム(通学・オンライン)で1,126名に達し、日本最大のビジネススクールに成長しています。グロービス経営大学院は、今後も創造と変革を担うビジネスリーダーの育成を支援し、テクノベート(*)時代の世界No. 1 MBAを目指していきます。*テクノベート:テクノロジーとイノベーションを組み合わせた造語。



◆グロービス (https://www.globis.co.jp

グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業 を行うグロービス・コーポレート・エデュケーションとeラーニングやオンラインクラスなどを提供するグロービス・デジタル・プラットフォーム、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに情報発信サイト/アプリ「GLOBIS知見録」により、これを推進しています。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1によるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOW による震災復興支援および社会的インパクト投資を展開しています。

グロービス:
・学校法人 グロービス経営大学院
・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
・英語(東京、オンライン)
・株式会社 グロービス
・グロービス・エグゼクティブ・スクール
・グロービス・マネジメント・スクール
・企業内集合研修
・出版/電子出版
・「GLOBIS知見録」
・株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
・顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
・GLOBIS ASIA CAMPUS PTE. LTD.
・GLOBIS Thailand Co. Ltd.

その他の活動:
・一般社団法人G1
・一般財団法人KIBOW
・株式会社 茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント

■本件に関するお問い合わせ先
グロービス 広報室 担当:田村菜津紀
E-MAIL: pr@globis.co.jp

PDF

Download

この記事をシェアする

ニュースリリース一覧へ