グロービス経営大学院、英語MBAプログラム(単科)を2019年1月に大阪で開講へ
通学とオンラインの受講で英語MBAを取得できる、関西で初となるプログラム

グロービス経営大学院(東京都千代田区、学長:堀義人)は2019年1月、大阪校(大阪市)で英語MBAプログラムの単科科目を開講します。ビジネスに必須のスキルが学べるMBAの基礎科目を厳選し開講。大阪校での受講後は、オンライン受講によって学びを継続し、修了要件となる単位を揃えてMBA(経営学修士)を取得することも可能です。通学とオンラインの受講から、英語でMBAを取得できるプログラムは、関西のMBAスクールでは初となります(当校調べ、2018年11月7日時点)。

「大阪校 英語MBAプログラム(単科)」の詳細・体験クラス申込み
https://www.globis.ac.jp/globis-english-osaka/

グロービス経営大学院では、東京校で、2009年にパートタイム英語MBAプログラム、2012年に全日制英語MBAプログラムを開始。国内のみならず世界各国から留学生を受け入れ、入学者の出身国数の累計は、57カ国に上ります。2017年10月には英語オンラインMBAプログラムを開講し、世界中のどこからでもグロービス経営大学院で学べる機会を提供しています。2018年には、英語MBAプログラムの入学者数の累計は、597名となりました。

一方、大阪は、外国人旅行者の年平均増加率が世界一(※)になるなど、急速に国際都市へと発展しています。グロービス経営大学院では、大阪を起点に、アジアや世界で活躍するビジネスリーダーの育成を加速するため、2019年1月期(1~3月)に、大阪校で英語MBAプログラム(単科)の提供を決定しました。
(※)米マスターカード社レポート「Mastercard Destination Cities Index」(2017年9月)

1月期の開講科目は、「Essentials of Marketing and Strategy」(マーケティング・経営戦略基礎)です。1科目は3カ月間、1回の授業は3時間です。1科目から受講できる単科生制度を活用して取得した単位は、MBA取得を目指す本科に入学した場合には、修了に必要な単位に算入することができます。また、英語MBAプログラムの単科生としての科目履修と並行して、日本語MBAプログラムの単科生としても科目を履修できます。尚、日本語MBAプログラムの単科生として取得した単位は、英語MBAプログラム本科への入学後、一定範囲まで修了に必要な単位に算入することができます。

主な受講者としては、大阪近郊に在住のビジネスパーソンで、英語でビジネス・経営を学びたい方を想定しています。大阪校では、クラス後の懇親会や勉強会などの機会を通じて、受講生同士の人的ネットワークづくりを支援します。オンライン受講への移行後は、大阪にいながら、国内外の受講生と国際的なネットワークをつくることも可能です。

図: 「大阪校 英語MBAプログラム(単科)」の受講イメージ

20181107_受講イメージ図.jpg


■大阪校 英語MBAプログラム(単科) 担当教員

20181107_カール講師.jpg

カール・オキャラハン/Karl O'Callaghan
(「Essentials of Marketing and Strategy」担当)

イギリス出身。グロービス経営大学院修士(MBA)課程修了。日本・イギリスにて、マーケティング・オペレーション戦略分野で営業リーダーやマネージャーを歴任。その後日本でコンサルティング会社を設立し、日本企業のグローバル市場開拓に関するアドバイスを行っている。グロービス経営大学院英語MBAプログラムでマーケティング・経営戦略基礎などを担当。

■グロービス経営大学院 大阪校 英語MBAプログラム(単科) 開講概要
開講時期: 2019年1月
開講場所: 大阪府大阪市淀川区宮原1-1-1 新大阪阪急ビル4F(JR新幹線「新大阪」駅直結)
開講科目: 「Essentials of Marketing and Strategy」(2019年1月期)
      「Critical Thinking」(2019年4月期予定)
      「Business Presentation」(2019年7月期予定)
担当教員: カール・オキャラハン/Karl O'Callaghan (「Essentials of Marketing and Strategy」担当)
定員:   35名/1クラス
受講期間: 1科目につき3カ月(1回180分×全6回、隔週開催) 
受講料:  入学金23,000円、受講料126,000円/1科目
説明会等: 11月以降、受講説明会や体験クラスを複数回開催予定
詳細URL: https://www.globis.ac.jp/globis-english-osaka/
お問い合わせ: グロービス経営大学院 英語MBAプログラム事務局
メール imba-info@globis.ac.jp 電話 03-5275-3850

◆グロービス経営大学院
(日本語プログラム: https://mba.globis.ac.jp 英語プログラム: https://www.globis.ac.jp
グロービス経営大学院は、2003年開始のグロービス・オリジナルMBAプログラムGDBAを前身として、2006年に開学(当初は株式会社立、2008年に学校法人に変更)。開学以来、「能力開発」「人的ネットワークの構築」「志の醸成」を教育理念に掲げ、ビジネスの創造や社会の変革に挑戦する高い志を持ったリーダー輩出のために尽力しています。東京・大阪・名古屋・仙台・福岡の5キャンパスに加え、2014年からオンラインでプログラムを提供。2009年にパートタイム英語MBAプログラム、2012年に全日制英語MBAプログラムを開始し、日本国内のみならず世界各国から留学生を招き入れています。2017年10月には英語オンラインMBAプログラム(本科)を開講しました。2006年開学当初78名だった大学院本科入学者数は、2018年には日本語と英語の両プログラム(通学・オンライン)で925名に達し、日本最大のビジネススクールに成長しています。グロービス経営大学院は、今後も創造と変革を担うビジネスリーダーの育成を支援し、アジアNo. 1のビジネススクールを目指していきます。

◆グロービス ( https://www.globis.co.jp
グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業 を行うグロービス・コーポレート・エデュケーションとeラーニングやオンラインクラスなどを提供するグロービス・デジタル・プラットフォーム、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに情報発信サイト/アプリ「GLOBIS知見録」により、これを推進しています。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1によるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOW による震災復興支援も展開しています。

グロービス:
・学校法人 グロービス経営大学院
 ・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
 ・英語(東京、大阪、オンライン)
・株式会社 グロービス
 ・グロービス・エグゼクティブ・スクール
 ・グロービス・マネジメント・スクール
 ・企業内集合研修
 ・出版/電子出版
 ・「GLOBIS知見録」
・株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
・顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
・GLOBIS Asia Pacific Pte. Ltd.
・GLOBIS Thailand Co. Ltd.

その他の活動:
・一般社団法人G1
・一般財団法人KIBOW
・株式会社 茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント

■本件に関するお問い合わせ先
グロービス 広報室 担当:田中隆丞
E-mail: pr@globis.co.jp TEL:03-5275-3870 FAX:03-5275-3890 https://www.globis.co.jp

PDF

Download

この記事をシェアする

ニュースリリース一覧へ