ニュースリリース

2015年09月28日
Download PDF

ニュースリリース

一般財団法人KIBOW、「KIBOW社会投資ファンド1号」を設立
総額5億円集め、日本における社会的インパクト投資の先駆けに

一般財団法人KIBOW(東京都千代田区、代表理事:堀義人)は、9月、「KIBOW社会投資ファンド1号」を設立しました。「社会的インパクト投資」と呼ばれる新しいコンセプトに基づいた投資活動の日本における先駆けとして取り組んでいきます。出資総額は5億円で、当財団のメンバーが出資しました(出資者、比率は非公開)。

昨今、社会が抱える様々な課題をビジネスの手法を用いて解決を目指す「ソーシャルビジネス」が、日本でも拡大しつつあります。困っている人々を助け、社会をより良くしたいという熱い思いに突き動かされた多くの社会起業家による挑戦が行われていますが、事業としてしっかり利益を生み、持続的に成長・拡大していくためには、人材(ヒト)、資金(カネ)、経営ノウハウ(チエ)の投入強化が必要だと考えられています。これが、欧米などで先行している「社会的インパクト投資」と呼ばれる新しい投資コンセプトです。KIBOW社会投資ファンドでは、一般財団法人KIBOWが行ってきた東北大震災による被災地での復興支援活動の知見を総動員し、社会課題に対して継続的かつ実効的なインパクトを与えるソーシャルビジネスへの投資を実行していきます。

一般財団法人KIBOWは、東日本大震災の救援・復興支援プロジェクト「Project KIBOW」(2011年3月14日始動)を前身とし、2012年2月22日に一般財団法人として活動を開始しました。4年半にわたり、被災地域で複数の支援団体と現地で再興活動に励む方々を結び付けるイベントの開催や、約1億円の義捐金を被災地各地の活動母体へ提供するなど、復興活動を促進する機会の創出や資金の提供といった支援活動を展開してきました。

今年に入り、デーヴィッド・キャメロン英首相の主導で立ち上がった「G8社会的インパクト投資タスクフォース」の議長、ロナルド・コーエン卿と、一般財団法人KIBOW代表理事の堀義人が面会。「日本国内の社会的インパクト投資を活性化してほしい」という要望を受け、社会的インパクト投資の事業検討を開始。KIBOWの活動をさらに発展・強化するため、当ファンドを設立する運びとなりました。

当ファンドの投資対象は、地方創生(震災被災地含む)、医療・介護・高齢者、育児・子育て支援、貧困問題、環境保護、海外支援・協力などの社会課題の解決に寄与しうる案件です。また、高いポテンシャルを持った経営チームが事業に注力し、投融資に対して財務的なリターンを返す能力を有していることを条件としています。投資ステージは、売上が立ち始め、規模化のために資金を必要とする段階を想定しています。投資条件として、株式への出資を基本とし、1案件あたり1000万~5000万円を投資します。当ファンドの運用総額は5億円とし、2号ファンド以降は20億円規模の運用を目指します。

当ファンドの1件目の投資案件として、「愛さんさん宅食株式会社」(宮城県塩釜市、代表取締役:小尾勝吉氏)への出資が決定しています。同社は宮城県沿岸部の震災被災地を中心に、高齢者向けの宅配食事サービスを展開し、スタッフとして障害を持っている方を積極的に採用しています。同社の事業を通じた地域社会の課題解決と、事業の規模化を支援するため、優先株投資による1000万円の出資を行います。

当財団は、「KIBOW社会投資ファンド」を設立、運用することで、国内の社会的インパクト投資の機運を高めると共に、社会の変革を担う起業家の成長と、事業の規模化に貢献していきます。


◆「KIBOW社会投資ファンド1号」概要
名称: KIBOW社会投資ファンド1号
設立: 2015年9月
ファンド規模: 5億円
存続期間: 20年間

投資対象:
地方創生(震災被災地含む)、医療・介護・高齢者、育児・子育て支援、
貧困問題、環境保護、海外支援・協力(国内団体に限定。ファンド総額の10%まで)

投資委員会:
堀義人、山中礼二(KIBOWインパクト・インベストメント・チーム ディレクター)

アドバイザリー ボードメンバー(敬称略):
青柳光昌(日本財団ソーシャルイノベーション推進チーム チームリーダー)
鵜尾雅隆(日本ファンドレイジング協会 代表理事)
駒崎弘樹(NPO法人フローレンス代表理事)
佐藤大吾(一般財団法人ジャパンギビング代表理事)
藤沢久美(シンクタンク・ソフィアバンク代表)
藤沢烈(一般社団法人RCF代表理事)
堀義人(一般財団法人KIBOW 代表理事)
宮城治男(NPO法人ETIC代表理事)

【参考】「社会的インパクト投資」
社会的インパクト投資(またはインパクト投資/ソーシャル・ファイナンス/インパクト・ファイナンス)は、2013年に英国のキャメロン首相の主導で立ち上がった「G8社会的インパクト投資タスクフォース」が、「社会的課題を解決しながら、利益も同時に産み出す投資活動」と提唱しました。様々な社会的課題に対する取り組みへの戦略的な資金調達を可能にする新しいタイプの投資として、ここ数年日本でも注目され始めています。

G8インパクト投資タスクフォース 日本国内諮問委員会
http://impactinvestment.jp/


◆KIBOWについて (http://kibowproject.jp/
東日本大震災の3日後に始動した救援・復興支援プロジェクト「Project K IBOW」は、「希望」と「Rainbow」から命名しました。長期的に被災地を支援していきたいという思いから、2012年2月に一般財団法人化し、以下の3つを軸に活動を展開しています。

1)「場」の提供(イベント)
被災地各地で、地域の復興を願う人たちが集まる「場」を作っています。地域の内外のリーダーたちが集まり、交流を生むイベントを定期的に開催しています。

2)寄付
これまで、約1,400名以上の方々にご協力いただき集めた資金、約1億円(2015年8月現在)を、被災地で活動しているNPOや各地のリーダー達に提供しています。

3)社会的インパクト投資
被災地に限定せず、「社会を変える」志を持った社会起業家たちに投資し、事業の規模化を支援します。


■本リリースに関するお問い合わせ先
グロービス 広報室
E-mail: pr@globis.co.jp TEL:03-5275-3870 FAX:03-5275-3890

ページの先頭へ

プライバシーポリシー | お問い合わせ

©GLOBIS All Rights Reserved