ニュースリリース

Globis

2015年09月18日
Download PDF

ニュースリリース

グロービス経営大学院と東急電鉄が共同研修を実施
MBA外国人留学生と東急グループ社員が「渋谷インバウンド」施策を共同で提案

学校法人グロービス経営大学院(東京都千代田区、学長:堀義人)は、東京急行電鉄株式会社(以下、東急電鉄)とともに、8月16日(日)から29日(土)までの14日間、グロービス英語MBAプログラム(※)の外国人留学生と東急グループの社員が参加する共同研修、「グローバル・シェアリング・プログラム」を実施しました。

当プログラムでは、グロービスMBA プログラムの外国人留学生18名(9カ国:インド1名、インドネシア2名、シンガポール2名、タイ3名、中国2名、ナイジェリア1名、フィリピン5名、ベルギー1名、マレーシア1名)と、東急電鉄および東急グループ2社から計10名が、東京都内のホテルでシェアハウス形式の共同生活を送りながら、様々な研修プログラムに参加しました。

具体的には、MBA留学生と東急グループ社員を5つの混成チームに分け、「渋谷が都内で最も外国人が訪れる街、かつ都内で最も外国人が満足した街になるための施策立案」をテーマとしてグループ討議を重ね、アクションプランを策定していきました。こうした共同作業は主に平日夜間に行い、週末にはフィールドトリップに出かけました。期間中の使用言語は英語です。

20150918_GIS1.JPG 20150918_GIS2.JPG

東急電鉄は「日本一訪れたい街 渋谷」の実現を目指し、渋谷の魅力を高める様々なインバウンド施策を検討・実施しています。一方のグロービス経営大学院は、来日早々のMBA留学生に初期の宿泊場所を確保し、日本に慣れてもらうためのオリエンテーションの機会を模索していました。両者の利益が一致し、当プログラムを2013年8月に初めて実施。今回で3回目となります。第1回の成果として、「外国人旅行者向けフリーWi-Fi サービス」が提案され、2014年3月に 「Visit SHIBUYA Wi-Fi」として実現しました。

今回、参加者は渋谷の文化の発信、外国人旅行者の利便性の向上、渋谷の資産の活用などをポイントにした「インバウンド施策」を検討。最終的に、渋谷の特徴を活かし、ITやファッションをキーワードにした新たなコンテンツの企画や、外国人利用者の利便性や回遊性を高める仕組みなど、様々な施策を提案しました。

※グロービス経営大学院は2012年10月、1年間でMBAを取得する英語MBAフルタイムプログラム(全日制)を開学しました。1年目は12カ国から23人が入学し、2年目は14カ国から28名、3年目は17カ国から31名、4年目となる2015年度は16カ国から約27名が入学しました。


■「グローバル・シェアリング・プログラム」実施概要
- 期間  2015年8月16日(日)~8月29日(土)
- 会場  赤坂エクセルホテル東急 (東京都千代田区永田町2-14-3)、他フィールドトリップ実施
- 参加者 グロービス: MBA外国人留学生18名(9カ国:インド1名、インドネシア2名、
     シンガポール2名、タイ3名、中国2名、ナイジェリア1名、フィリピン5名、ベルギー1名、
     マレーシア1名)
     東急電鉄、東急ホテルズ、東急ビッグウィークステーション:10名

- 内 容(ディスカッションテーマ)
「渋谷が都内で最も外国人が訪れる街、かつ都内で最も外国人が満足した街になるための施策立案」

・イングリッシュ・ディスカッション・カフェ (プログラム参加者による全4回のグループワーク)

・フィールドトリップ(テーマに対するアクションプラン策定に向けた実地調査)

・グロービス特別講義
(「マーケティング・経営戦略」「クリティカル・シンキング」「プレゼンテーション」)

・トップリーダー講演(2回)
日本GE株式会社 代表取締役GEキャピタル社長兼CEO 安渕聖司
講演テーマ "Developing Global Leaders"

ブランニュウスタイル株式会社 代表取締役 和田幸子・関東エリアマネジャー 鈴木美帆子
講演テーマ "Working at a startup venture: TASKAJI Housekeeping"

・アクションプラン発表

◆グロービス経営大学院 ( http://www.globis.ac.jp/
グロービス経営大学院は、2003年開始のグロービス・オリジナルMBAプログラムGDBAを前身として、2006年に開学しました(当初は株式会社立、2008年に学校法人に変更)。開学以来、「能力開発」「人的ネットワークの構築」「志の醸成」を教育理念に掲げ、ビジネスの創造や社会の変革に挑戦する高い志を持ったリーダー輩出のために尽力しています。東京・大阪・名古屋校に加え、2012年に仙台校、2013年に福岡校を開校。さらに、2009年にパートタイム英語MBAプログラム、2012年9月に全日制英語MBAプログラムを開講し、日本国内のみならず世界各国から留学生を招き入れています。2006年開学当初78名だった大学院本科入学者数は、2015年には日英プログラム合計で702名に達し(平日昼に受講する英語フルタイムプログラムは9月入学で、ここには含みません)、日本最大規模のビジネススクールに成長しています。グロービス経営大学院は、今後も創造と変革を担うビジネスリーダーの育成を支援し、アジアNo. 1のビジネススクールを目指していきます。

◆グロービス ( http://www.globis.co.jp/
グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに情報発信サイト/アプリ「GLOBIS知見録」により、これを推進しています。国内では東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、海外では上海とシンガポールに拠点を構え、オンライン、英語のプログラムも提供しています。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1サミットによるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOW による震災復興支援も展開しています。

グロービス:
・学校法人 グロービス経営大学院
 ・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
 ・英語(東京)
・株式会社 グロービス
 ・グロービス・エグゼクティブ・スクール
 ・グロービス・マネジメント・スクール
 ・企業内集合研修
 ・出版/電子出版
 ・「GLOBIS知見録」
・株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
・顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
・GLOBIS Asia Pacific Pte. Ltd.

その他の活動:
・一般社団法人G1サミット
・一般財団法人KIBOW


■本リリースに関するお問い合わせ先
グロービス 広報室
E-mail:pr@globis.co.jp TEL:03-5275-3870 FAX:03-5275-3890 http://www.globis.co.jp/

 

ページの先頭へ

プライバシーポリシー | お問い合わせ

©GLOBIS All Rights Reserved