ニュースリリース

Globis

2015年08月25日
Download PDF

ニュースリリース

グロービス経営大学院、全日制英語MBA 卒業式を挙行
第3期生 14カ国 28人の「創造と変革の志士たち」が世界へと巣立つ

学校法人グロービス経営大学院(東京都千代田区、学長:堀義人)は、全日制英語MBAプログラム2014年度卒業式を8月23日(日)に東京校にて執り行いました。2014年度修了生の出身国は、日本(2)、インドネシア(1)、マレーシア(2)、中国(2)、フィリピン(4)、タイ(7)、トルクメニスタン(1)、ベトナム(1)、イラン(1)、米国(3)、クロアチア(1)、デンマーク(1)、ドイツ(1)、スイス(1)の14カ国で、総勢28名となりました(かっこ内は人数)。

卒業式では、堀義人学長の式辞に続いて修了証書授与、卒業生の決意表明と代表謝辞が行われました。

20150825_01.jpg     20150825_02.jpg     20150825_03.jpg

堀義人学長は、「グロービスで学んだ経営やリーダーシップの方法論、そして、グローバル視点、歴史視点、哲学の心得、誠実さ、志を併せ持ち、今、皆さんは創造と変革の志士としての旅に出る。リスクを取って果敢にチャレンジしてほしい」との式辞を贈りました(写真左)。また卒業生代表としてNichaghang Nanthakwang氏(タイ出身、写真中央)、Mico Geronimo氏(フィリピン出身、写真右)が学生代表としてスピーチを行いました。

20150825_04.jpgグロービス経営大学院全日制英語MBAプログラムの第3期生となる28名は、2014年9月3日に入学し、過去1年間、共に学びお互いを高め合ってきました。海外からの留学生が日本の首都・東京で学ぶことを鑑み、カリキュラムには「異文化マネジメント(Cross Cultural Management)」「日本・アジア企業のグローバル化戦略(Globalization of Japanese and Asian Companies)」「グローバル・パースペクティブ(Global Perspectives)」など、人種・国籍といったダイバーシティ・マネジメントを学ぶ新設科目や、日本やアジアならではの特質を前面に打ち出した科目により、
アジア発のグローバルな視点を体得できるものとしました。

課外活動としては、入学前の事前オリエンテーションとして東急グループ社員との共同研修「グローバル・シェアリング・プログラム」に始まり、年間を通した企業経営者によるセミナー受講、1月以降には日本国内の企業訪問や工場見学を実施しました。また、松陰神社などを訪れる日本文化体験、米国や中国、メキシコの海外MBA学生との交流、東北被災地を巡るツアー、各界のグローバルリーダーが議論を交わす「G1 Global Conference」への参加など、多種多様な経験を通して、集中的に学びを深めました。

5月以降、日本国内のグローバル企業とグロービス経営大学院の提携による「コーポレート・メンターシップ・プログラム(以下、CMP)」の下、企業におけるインターンシップ(100時間)や、企業の選抜人材と共に各企業の経営課題に対する提案を行う研修、提携企業の社員への英会話レッスンなど、日本企業の仕事や企業文化を学び、結びつきを強める活動に取り組みました。第3期では、コース科目としてインターンシップを希望した学生全員(25名)が、15社の企業で受け入れられました。また、インターン企業への就職が内定した学生もいます。

CMP参画企業は、国内企業では、イオン、サイバーエージェント、星野リゾート、経営共創基盤、日産自動車、楽天、横河電機など35社、外資系企業では、A.T.カーニー、日本GE、日本IBM、ジョンソン・エンド・ジョンソン、マイクロソフトなど31社、ベンチャー企業では、オイシックス、テラモーターズ、ユーザベースなど10社となります。2015年8月24日時点で76社に上り、2014年8月からの一年間で、新たに23社が参画しました。(一覧を別掲)

グロービス経営大学院では、「東京で学ぶ英語MBAプログラム」を日本が直面するグローバル人材育成という課題に対する解決策の1つとして位置づけています。その特長は、(1)CMP参画企業との連携に基づき、学生は実践に根ざした経営スキルを身につけられ、CMP参画企業にとってはグローバル人材の採用機会にもなり得ること、(2)様々な国から来日した学生たちが固い友情で結ばれ、再び世界中に散っていくことにより、日本の価値観や文化を理解したグローバル人材のネットワークが地球規模に広がっていくこと、(3)学生の日本での就業希望が根強く、日本企業のグローバル人材採用の新たなチャネルとして活用できること――などがあります。

グロービス経営大学院は、2003年開始のグロービス・オリジナルMBAプログラムGDBAを前身として、2006年に開学しました(当初は株式会社立、2008年に学校法人に変更)。開学以来、「能力開発」「人的ネットワークの構築」「志の醸成」を教育理念に掲げ、ビジネスの創造や社会の変革に挑戦する高い志を持ったリーダー輩出のために尽力しています。東京・大阪・名古屋校に加え、2012年に仙台校、2013年に福岡校を開校、2015年4月には、オンラインの遠隔授業でMBAを取得できる「オンラインMBA」を開講しました。2006年開学当初78名だった大学院本科入学者数は、2015年4月には702名に達し、日本最大規模のビジネススクールに成長しています。2009年にパートタイム英語MBAプログラム、2012年10月に全日制英語MBAプログラムを開講し、日本国内のみならず世界各国から多数かつ多様な留学生を招き入れています。

グロービス経営大学院は、今後も変革と創造を担うビジネスリーダーの育成を支援し、アジアNo.1のビジネススクールを目指して邁進していきます。


【参考: コーポレート・メンターシップ・プログラム(CMP)参画企業】

■国内企業(35社)
 ・イオン株式会社
 ・株式会社アシックス
 ・株式会社ベルシステム24
 ・株式会社カインズ
 ・株式会社サイバーエージェント
 ・エーザイ株式会社
 ・グリー株式会社
 ・日立オートモティブシステムズ株式会社
 ・株式会社日立コンサルティング
 ・株式会社日立システムズ
 ・株式会社星野リゾート
 ・株式会社 経営共創基盤
 ・株式会社インテリジェンス
 ・株式会社三越伊勢丹ホールディングス
 ・株式会社ローソン
 ・株式会社リクシル
 ・日本ハム株式会社
 ・日産自動車株式会社
 ・オムロン株式会社
 ・オリックス株式会社
 ・株式会社パルコ
 ・楽天株式会社
 ・株式会社リコー
 ・セイノーホールディングス株式会社
 ・ソニー株式会社
 ・スタンレー電気株式会社
 ・株式会社三井住友銀行
 ・サントリーホールディングス株式会社
 ・株式会社高島屋
 ・株式会社テリロジー
 ・東京急行電鉄株式会社
 ・株式会社東芝
 ・ジヤトコ株式会社
 ・日本パレットレンタル株式会社
 ・横河電機株式会社

■外資系企業(31社)
 ・エーオン ベンフィールド ジャパン株式会社
 ・A.T.カーニー株式会社
 ・バイエルホールディング株式会社
 ・ ビー・エム・ダブリュー株式会社
 ・ベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社
 ・ボッシュ株式会社
 ・CPF TOKYO株式会社
 ・ダイムラー・ファイナンシャルサービス日本株式会社
 ・エデルマン・ジャパン株式会社
 ・日本イーライリリー株式会社
 ・日本エマソン株式会社
 ・新日本有限責任監査法人
 ・日本GE株式会社
 ・ハイアールアジア株式会社
 ・日本ヒューレット・パッカード株式会社
 ・株式会社日本HP
 ・日本ヒルティ株式会社
 ・日本アイ・ビー・エム株式会社
 ・ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
 ・マーク ジェイコブス ジャパン株式会社
 ・日本マイクロソフト株式会社
 ・三菱ふそうトラック・バス株式会社
 ・ネオヴィアロジスティクスサービスLLC
 ・ファイザー株式会社
 ・フィリップモリスジャパン株式会社
 ・税理士法人プライスウォーターハウスクーパース
 ・リシュモンジャパン株式会社
 ・株式会社セールスフォース・ドットコム
 ・SAP ジャパン株式会社
 ・シーメンス・ジャパン株式会社
 ・ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社

■ベンチャー企業(10社)
 ・株式会社イード
 ・株式会社イントラリンク
 ・Kenja Corporation
 ・株式会社リブ・コンサルティング
 ・オイシックス株式会社
 ・ピクスタ株式会社
 ・株式会社S.O.W.ホールディングス
 ・Terra Motors株式会社
 ・株式会社ユーザベース
 ・株式会社ブイキューブ

(計76社、2015年8月24日現在)

◆グロービス経営大学院 ( http://www.globis.ac.jp/ )
グロービス経営大学院は、2003年開始のグロービス・オリジナルMBAプログラムGDBAを前身として、2006年に開学しました(当初は株式会社立、2008年に学校法人に変更)。開学以来、「能力開発」「人的ネットワークの構築」「志の醸成」を教育理念に掲げ、ビジネスの創造や社会の変革に挑戦する高い志を持ったリーダー輩出のために尽力しています。東京・大阪・名古屋校に加え、2012年に仙台校、2013年に福岡校を開校。さらに、2009年にパートタイム英語MBAプログラム、2012年9月に全日制英語MBAプログラムを開講し、日本国内のみならず世界各国から留学生を招き入れています。2006年開学当初78名だった大学院本科入学者数は、2015年には日英プログラム合計で702名に達し(平日昼に受講する英語フルタイムプログラムは9月入学で、ここには含みません)、日本最大規模のビジネススクールに成長しています。グロービス経営大学院は、今後も創造と変革を担うビジネスリーダーの育成を支援し、アジアNo. 1のビジネススクールを目指していきます。

◆グロービス ( http://www.globis.co.jp/
グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに情報発信サイト/アプリ「GLOBIS知見録」により、これを推進しています。国内では東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、海外では上海とシンガポールに拠点を構え、オンライン、英語のプログラムも提供しています。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1サミットによるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOW による震災復興支援も展開しています。

グロービス:
・学校法人 グロービス経営大学院 
 ・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン) 
 ・英語(東京)
・株式会社 グロービス
 ・グロービス・エグゼクティブ・スクール 
 ・グロービス・マネジメント・スクール 
 ・企業内集合研修
 ・出版/電子出版 
 ・「GLOBIS知見録」 
・株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ 
・顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司 
・GLOBIS Asia Pacific Pte. Ltd.

その他の活動: 
・一般社団法人G1サミット 
・一般財団法人KIBOW


■本リリースに関するお問い合わせ先
グロービス広報室
E-mail:pr@globis.co.jp  TEL:03-5275-3870  FAX:03-5275-3890
http://www.globis.co.jp/ 

ページの先頭へ

プライバシーポリシー | お問い合わせ

©GLOBIS All Rights Reserved