ニュースリリース

Globis

2015年07月08日
Download PDF

ニュースリリース

グロービス経営大学院、第11回「グロービス アルムナイ・アワード」を授与
JPMCアセットマネジメント 小野学氏、i-plug 中野智哉氏、山田正洋氏、田中伸明氏、
アルインコ 小山勝弘氏、ワールド・モード・ホールディングス 加福真介氏

グロービス経営大学院(東京都千代田区、学長:堀義人)は、第11 回「グロービス アルムナイ・アワード」の2015年度受賞者を決定し、7 月4 日、グロービス経営大学院主催「あすか会議」(於:宮城県仙台市、7 月4~5 日)にて授賞式を執り行いました。受賞者は創造部門4名、変革部門2名です。

今回のグロービス アルムナイ・アワード受賞者のなかで、i-plugの中野智哉CEO、山田正洋CTO、田中伸明CMOは初めてのチーム受賞となります。3人はグロービス経営大学院の同期生(2010期生)として意気投合。在学中に事業プランを練り、卒業後に起業に踏み切り、急成長を果たしています。「創造と変革の志士」の育成を理念として掲げるグロービス経営大学院にとって、その卒業生の活躍の幅とレベルが大きく拡大していることを示しています。

また、JPMアセットマネジメント代表取締役の小野学氏(グロービス経営大学院2007期生)は「不動産流通における地方・都市横断の仕組み」、アルインコ代表取締役社長の小山勝弘氏(同2009期生)は「建設現場における安全第一」、ワールド・モード・ホールディングス代表取締役の加福真介氏(同2012期生)は「ファッション業界における課題解決」という、それぞれの事業領域で創造と変革の新風を吹き込んだことを高く評価したものです。

◆2015 年 グロービス アルムナイ・アワード受賞者(敬称略)

創造部門:
株式会社JPMCアセットマネジメント 代表取締役
兼 日本管理センター株式会社 執行役員  小野学 (グロービス経営大学院2007期生)

株式会社i-plug 代表取締役 CEO  中野智哉 (グロービス経営大学院2010期生)
                   Co-Founder取締役 CTO  山田正洋 (グロービス経営大学院2010期生)
                   Co-Founder取締役CMO  田中伸明 (グロービス経営大学院2010期生)

変革部門:
アルインコ株式会社 代表取締役社長   小山勝弘 (グロービス経営大学院2009期生)
ワールド・モード・ホールディングス株式会社 代表取締役
                                                      加福真介 (グロービス経営大学院2012期生)

DSC_6642.JPG

(授賞式の様子、写真左から田中氏、山田氏、中野氏、小野氏、小山氏、加福氏)


「グロービス アルムナイ・アワード」は、ベンチャーの起業や新規事業の立ち上げなどの「創造」と、既存組織の再生といった「変革」を率いたビジネスリーダーを、グロービス経営大学院 (日本語MBA プログラムならびに英語MBA プログラム)、グロービスのオリジナルMBA プログラムGDBA(Graduate Diploma in Business Administration)、グロービス・レスターMBA ジョイントプログラムによる英国国立レスター大学MBA の卒業生の中から選出・授与するものです。選出にあたっては、創造や変革に寄与したか、その成功が社会価値の向上に資するものであるか、またそのリーダーが高い人間的魅力を備えているかといった点を重視しています。

創造部門で受賞した小野学氏は、丸紅株式会社で分譲マンション開発のプロジェクトマネージャ等に従事した後、日本管理センター株式会社に転じ、執行役員アセットマネジメント事業部長を経て現任。転職後は、「不動産オーナー」「投資家」「金融機関」の3者を地域横断的にマッチングするビジネスモデル「イーベスト」を新規事業として立ち上げました。事業のさらなる成長のために株式会社JPMCアセットマネジメントを設立し代表取締役に就任。全国47都道府県の中古マンション・アパートを借上げ、満室にする唯一の企業となり、地方・都市横断的な不動産流通のスキームを創り上げることにより、「地方創生」を不動産ビジネスの側面から支えています。

初のチームでの受賞となった株式会社i-plug(中野智哉氏、山田正洋氏、田中伸明氏)は、新卒に特化したダイレクトリクルーティングサービス「Offer Box」を展開。現在(4期目)を迎え、16年卒の学生登録数は1万8,000人を突破、企業利用数は900社に到達しています。i-plugのダイレクトリクルーティングシステムは、新卒採用に定着している「マス型母集団形成」を見直し、新卒者が早期離職するというミスマッチの問題解消につながる革新的な人材サービスであると評価され、第4回日本HRチャレンジ大賞の「イノベーション賞」も受賞しています。

変革部門で小山勝弘氏は、2010年、建設現場の足場製造をコアビジネスとする当時創業70年のアルインコ株式会社の代表取締役社長就任。就任当時、リーマンショックで売上利益とも大幅に落ち込んだ状態からスタートし、組織・事業変革を重ねています。就任当時290億円だった売上を現在420億円にまで伸ばし、利益も過去最高益を更新しています。2014年12月には東証2部から東証1部への指定変更も達成。建設現場、特に足場施工職人の安全や作業負担軽減の為に高性能の足場を開発し、市場に急速に浸透させたことは、安全第一の現場創造につながり、社会貢献度は非常に高いものです。

加福真介氏が代表取締役を務めるワールド・モード・ホールディングスはファッション・コスメティック業界に特化した、コンサルティング事業、広告およびプロモーション全般の事業、販売員採用及び育成の事業を展開しています。販売員の採用事業において先行する大手資本の競合他社を相手にシェアNo.1を実現した後、組織変革や事業の新戦略を策定、実行し、同社を全社一丸となってファッションクライアントの課題をトータルで解決する組織に導きました。年商は就任時の40億円から150億円へ売上成長を遂げ、現在は年商1,000億円を目標に事業に邁進しています。

「グロービス アルムナイ・アワード」の創設は2005 年に遡ります。これまでの受賞者には、西濃運輸株式会社 取締役社長 田口義隆氏、株式会社ポッカコーポレーション 代表取締役社長 内藤由治氏、株式会社カネボウ化粧品 代表取締役 知識賢治氏、株式会社ビー・ユー・ジー 代表取締役社長 川島昭彦氏、春日井製菓株式会社 代表取締役社長 春日井康仁氏、アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 代表取締役社長 徳力基彦氏、株式会社シマンテック 代表取締役社長 河村浩明氏、株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役社長 杉元崇将氏など、各界のトップリーダーが名を連ねています(役職は全て受賞時点のもの)。

グロービスでは、グロービス アルムナイ・アワードの授与を通して、「創造と変革」に取り組む修了生・卒業生の努力・功績を顕彰し、社会的認知を高めるとともに、次世代のリーダーたちの奮起を促すことを期待しています。

なお、「GLOBIS知見録」編集部は授賞式当日に受賞者6名にインタビューを実施。「学びを成果につなげるためには? ―MBA志士4人からの助言」と題する記事(グロービス・ニュース)を掲載しています。(http://globis.jp/feature/4350/

また、グロービス アルムナイ・アワード授賞式の様子、および、「あすか会議」の各セッションの動画・テキスト記事は、後日GLOBIS知見録で公開します。(http://globis.jp/


◆グロービス経営大学院 ( 
http://www.globis.ac.jp/ )
グロービス経営大学院は、2003年開始のグロービス・オリジナルMBAプログラムGDBAを前身として、2006年に開学しました(当初は株式会社立、2008年に学校法人に変更)。開学以来、「能力開発」「人的ネットワークの構築」「志の醸成」を教育理念に掲げ、ビジネスの創造や社会の変革に挑戦する高い志を持ったリーダー輩出のために尽力しています。東京・大阪・名古屋校に加え、2012年に仙台校、2013年に福岡校を開校。さらに、2009年にパートタイム英語MBAプログラム、2012年9月に全日制英語MBAプログラムを開講し、日本国内のみならず世界各国から留学生を招き入れています。2006年開学当初78名だった大学院本科入学者数は、2015年には日英プログラム合計で702名に達し(平日昼に受講する英語フルタイムプログラムは9月入学で、ここには含みません)、日本最大規模のビジネススクールに成長しています。グロービス経営大学院は、今後も創造と変革を担うビジネスリーダーの育成を支援し、アジアNo. 1のビジネススクールを目指していきます。


◆グロービス (
http://www.globis.co.jp/
グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに情報発信サイト/アプリ「GLOBIS知見録」により、これを推進しています。国内では東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、海外では上海とシンガポールに拠点を構え、オンライン、英語のプログラムも提供しています。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1サミットによるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOW による震災復興支援も展開しています。

グロービス:

・学校法人 グロービス経営大学院 
 ・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン) 
 ・英語(東京)
・株式会社 グロービス
 ・グロービス・エグゼクティブ・スクール 
 ・グロービス・マネジメント・スクール 
 ・企業内集合研修
 ・出版/電子出版 
 ・「GLOBIS知見録」 
・株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ 
・顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司 
・GLOBIS Asia Pacific Pte. Ltd.

その他の活動: 
・一般社団法人G1サミット 
・一般財団法人KIBOW


■本リリースに関するお問い合わせ先
グロービス 広報室 
E-mail:pr@globis.co.jp  TEL:03-5275-3870  FAX:03-5275-3890

ページの先頭へ

プライバシーポリシー | お問い合わせ

©GLOBIS All Rights Reserved