ニュースリリース

Globis

2014年09月04日
Download PDF

ニュースリリース

グロービス経営大学院、全日制英語MBA2014年度入学式を挙行 
世界17カ国、31名が第3期生として入学

学校法人グロービス経営大学院(東京都千代田区、学長:堀義人)は9月3日(水)、全日制英語MBAプログラム2014年度入学式を東京校にて執り行いました。新入生と家族、教員他関係者の約60名が出席。堀義人学長の式辞に続いて新入生代表による決意表明、教員紹介が行われました。

20140904_01.jpg20140904_02.jpg20140904_03.jpg

2014年度入学の第3期生は総勢31名で、出身国は日本(2)、インドネシア(1)、マレーシア(2)、中国(2)、フィリピン(3)、タイ(7)、トルクメニスタン(1)、ベトナム(1)、エジプト(1)、イラン(1)、サウジアラビア(1)、米国(4)、コロンビア(1)、クロアチア(1)、デンマーク(1)、ドイツ(1)、スイス(1)のアジア、欧米、中東など17カ国です(かっこ内は人数)。第1期の2012年度入学生は11カ国、23名、第2期の2013年度入学生は16カ国28名でした。グロービス経営大学院の全日制英語MBAプログラムは、その学生数の増加はもちろんのこと、グローバルな多様性を大幅に高めています。

20140904_04.jpg堀義人学長は、「創造と変革の志士を目指して、この1年間、能力開発、人的ネットワークの構築、『志』の醸成に励んで欲しい」との式辞を贈りました。入学生代表としてChristian Tripoli氏(米国出身、男性)とIsmulianita Iskandar Madjid氏(インドネシア出身、女性)の2名が、力強く抱負を述べました。

グロービス経営大学院全日制英語MBAプログラムは、海外からの留学生が日本の首都・東京で学ぶことを意識し、カリキュラムには「新日本的経営 (Japanese Management)」「日本・アジア企業のグローバル化戦略(Globalization of Japanese and Asian Companies)」「企業家リーダーシップ(Entrepreneurial Leadership)」など、日本やアジアの特質を打ち出した科目により、アジア発のグローバルな視点を体得できるものとしています。

また、学生へのサポート体制をさらに充実させ、生活オリエンテーションや住居探し、日本語学習、就職などを手厚く支援します。学費負担を軽減する特別奨学金制度(返済不要、生活費や長期履修費用は除く)も用意しています。さらに、学びの仕上げ時期となる5月以降、日本国内のグローバル企業とグロービス経営大学院の提携による「コーポレート・メンターシップ・プログラム(以下、CMP)」の下、100時間以上の企業におけるインターンシップ、あるいは企業の事例研究やビジネスプラン策定を行います(3単位)。

CMP参画企業は、イオン、ヴァン クリーフ&アーペル、A.T. カーニー、オムロン、経営共創基盤、ジョンソン・エンド・ジョンソン、日本GE、バイエル、ファイザー、フィリップモリスジャパン、マッキンゼー・アンド・カンパニー、三井住友銀行、楽天、リコー、ローソンなど、2014年9月4日時点で53社に上っています(一覧を別掲)。

グロービス経営大学院では、グローバル社会に創造と変革をもたらす志士(起業家、チェンジエージェント)の輩出を大きな目標とし、また、日本が直面するグローバル人材育成という課題に対する一つのソリューションとして、東京で学ぶ英語 MBAプログラムを位置づけています。その特長は、CMP参画企業との連携に基づき、学生は実践に根ざした経営スキルを体得でき、CMP参画企業にとってはグローバル人材の採用機会を得るというものです。

グロービス経営大学院は、2003年開始のグロービス・オリジナルMBAプログラムGDBAを前身として、2006年に開学しました(当初は株式会社立、2008年に学校法人に変更)。開学以来、「能力開発」「人的ネットワークの構築」「志の醸成」を教育理念に掲げ、ビジネスの創造や社会の変革に挑戦する高い志を持ったリーダー輩出のために尽力しています。東京・大阪・名古屋校に加え、2012年に仙台校、2013年に福岡校を開校、2006年開学当初78名だった大学院本科入学者数は、2014年4月には598名(今回の31名は含まず)に達し、日本最大規模のビジネススクールに成長しています。2009年にパートタイム英語MBAプログラム、2012年9月に全日制英語MBAプログラムを開講し、日本国内のみならず世界各国から留学生を招き入れています。

グロービス経営大学院は、今後も変革と創造を担うビジネスリーダーの育成を支援し、アジアNo.1のビジネススクールを目指して邁進していきます。

【参考: コーポレート・メンターシップ・プログラム(CMP)参画企業】
株式会社イード
イオン株式会社
株式会社インテリジェンス
株式会社イントラリンク
A.T.カーニー株式会社
オイシックス株式会社
オムロン株式会社
オリックス株式会社
グリー株式会社
株式会社経営共創基盤
Kenja Corporation
株式会社サイバーエージェント
ジヤトコ株式会社
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
新日本有限責任監査法人
ダイムラー・ファイナンシャルサービス日本株式会社
日産自動車株式会社
日本イーライリリー株式会社
日本GE株式会社
日本パレットレンタル株式会社
日本ヒルティ株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社
バイエルホールディング株式会社
日立オートモティブシステムズ株式会社
株式会社日立コンサルティング
ファイザー株式会社
フィリップモリスジャパン株式会社
株式会社ブイキューブ
税理士法人プライスウォーターハウスクーパース
ビー・エム・ダブリュー株式会社
ベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社
ボッシュ株式会社
マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパン
三菱ふそうトラック・バス株式会社
メルセデス・ベンツ日本株式会社
株式会社リクシル
株式会社ローソン
楽天株式会社
リシュモンジャパン株式会社
株式会社リコー
株式会社セールスフォース・ドットコム
SAPジャパン株式会社
シーメンス・ジャパン株式会社
株式会社S.O.W.ホールディングス
スタンレー電気株式会社
株式会社三井住友銀行
サントリーホールディングス株式会社
株式会社高島屋
株式会社テリロジー
Terra Motors株式会社
東京急行電鉄株式会社
ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社
株式会社ユーザベース

(計53社、2014年9月4日現在)

◆グロービス ( http://www.globis.co.jp/ )
グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに経営情報サイト運営事業により、これを推進しています。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1サミットによるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOWによる震災復興支援も展開しています。

グロービス:
・学校法人 グロービス経営大学院
・株式会社 グロービス
 ・グロービス・エグゼクティブ・スクール
 ・グロービス・マネジメント・スクール
 ・企業内集合研修
 ・出版/電子出版
 ・オンライン経営情報誌「GLOBIS.JP」
 ・動画専門サイト「GLOBIS.TV」
・株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
・顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
・GLOBIS Asia Pacific Pte. Ltd.

その他の活動:
・一般社団法人G1サミット
・一般財団法人KIBOW


■本リリースに関するお問い合わせ先
グロービス広報室
E-mail:pr@globis.co.jp  TEL:03-5275-3870  FAX:03-5275-3890
http://www.globis.co.jp/

ページの先頭へ

プライバシーポリシー | お問い合わせ

©GLOBIS All Rights Reserved