ニュースリリース

Globis

2014年08月08日
Download PDF

ニュースリリース

グロービス・キャピタル・パートナーズ、スマートニュースの第三者割当増資を引き受け 
グリー、ミクシィとの業務提携による収益化を推進、グローバル展開も加速

株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ(本社:東京都千代田区、代表パートナー:堀義人)は、スマートフォン・タブレット向けニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」を展開するスマートニュース株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鈴木健氏/浜本階生氏、以下「スマートニュース」)の第三者割当増資を引き受けました。

引き受け先は、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズの他、Atomico(アトミコ 本社:ロンドン、CEO:Niklas Zennström氏(ニクラス・ゼンストローム) 、東京事務所:東京都港区、日本代表:岩田真一氏)、William Lohse氏(ウィリアム・ローズ、米Ziff-Davis Publishingの元Presidentでエンジェル投資家)、グリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中良和氏)、株式会社ミクシィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森田仁基氏)、川田尚吾氏(株式会社ディー・エヌ・エー 共同創業者)などです。増資総額は約36億円です。

スマートニュースによる今回の資金調達は、国内および海外の市場における「SmartNews」事業の一層の強化をめざして、人材採用、海外拠点の整備、広告事業など収益事業の構築、および事業成長を促進するプロモーション等を実施する目的で行うものです。また、引受先企業2社と業務提携し、収益化とグローバル展開を推進します。

1) グリー株式会社とのゲーム等に関する業務提携
スマートニュースは、「SmartNews」内において、モバイルゲームおよびアプリ関連のコンテンツを強化します。グリー株式会社は、それらの分野に最適なコンテンツをスマートニュースに提供します。また、グリー株式会社は、スマートニュースの海外展開に際し、グリーの米国子会社であるGREE International, Inc. を通じた支援などを提供します。

2) 株式会社ミクシィとの広告事業に関する業務提携
スマートニュースは、モバイルメディアに最適化し、ユーザーの快適なメディア体験は損ねず、高い広告効果を発揮するネイティブ広告(注)を広く配信する仕組み(仮称:「スマートアド」)を開発します。株式会社ミクシィは、同社が運営するソーシャル・ネットワーキング・サービス「mixi」の「フィード」内に、スマートアドの広告を配信し、mixiの収益化を促進します。なお、スマートアドによって同社の収益強化を推進するため、同社取締役 川崎裕一氏が、本年8月11日付でスマートニュースのシニア・ヴァイス・プレジデント/執行役員 広告事業開発担当に就任します。

株式会社ミクシィとスマートニュースの今回の協業によって、国内有数のネイティブ広告ネットワークが誕生することになります。これによりスマートニュース株式会社は、国内メディアパートナーと積極的に協業し、そのネットワーク規模を揺るぎないものへと成長させていきます。

また、スマートニュースでは、本年6月には、米国The Wall Street Journal Online (WSJ.com)の立ち上げを主導した著名ジャーナリストRich Jaroslovsky氏(リッチ・ジャロスロフスキー)がヴァイス・プレジデント コンテンツ担当 に就任し、米国でのメディアパートナーとの協業体制の構築を開始しました。また同月には共同創業者および取締役の鈴木健氏が、本年6月に代表取締役会長 共同CEOに就任、さらに今回の資金調達を中心的に主導した経営管理担当の堅田航平氏が、8月8日付けで ヴァイス・プレジデント 財務担当に就任するなど、経営体制の強化を進めています。

(注)ネイティブ広告について
ページの内容やデザイン、プラットフォームの動作と合致することでユーザーがサービスの一部として違和感がないと感じる広告のこと。米国の広告業界団体IAB(Interactive Advertising Bureau)では、ネイティブ広告の主要なタイプとして、FacebookやTwitterのようにストリーム上に広告を表示する「インフィード型」、Googleのように検索結果の中に広告を表示する「ペイドサーチ(検索連動)型」「レコメンドウィジェット型」「プロモーションリスティング型」など6種類を挙げています。

【引き受け先について】
■ Atomico(アトミコ)
ロンドンに本社を置く、ベンチャーキャピタル・ファンド。投資だけでなく経営支援、ビジネス拡大支援にも注力し、グローバルな投資を可能にする数少ないベンチャー・キャピタルです。投資案件の開拓、投資実行、投資後の経営サポートまでのプロセスを明確化するとともに、各プロセスでのソリューションや活動の最適化を行っています。

投資対象は、画期的な技術を持ちグローバルな成長を目指すテクノロジー企業に限定。設立以来グローバルで50以上の投資を実行し、主要な投資先には Supercell、Rovio、Jawbone、Klarna、Skype等の著名な企業が名を連ねています。現在は、サンパウロ、北京、イスタンブール、東京、ソウルにオフィスがあり、世界各地での活動を行っています。

日本においては、2012年6月に、Skype Japanの前代表取締役である岩田真一氏を日本代表に迎え東京事務所を開設。投資先企業の発掘および投資先企業がビジネスを展開する市場としての日本のポテンシャルの高さに注目し、今後日本市場での活動をさらに強化していきます。

■ William Lohse(ウィリアム・ローズ)氏
米国ソノマ州立大学哲学科卒業。米Ziff-Davis PublishingのPresident及びSoftbank ConferencesのCEO等を歴任。The Tomorrow Projectを創設し、Social Week、Pivot Conference等のプロデューサーも務める。Software Venture Partners、Social Starts LP等を通じ、エンジェル投資家として数多くのスタートアップに投資。Pinterest、Mashable、rue du Commerce、Jump Start Games、Mino Monsters等の初期投資家でもあります。

■ グリー株式会社(http://gree.jp
グリーは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「GREE」を創業事業とし、世界初のモバイル・ソーシャルゲームを開発するなど、日本のモバイル・インターネットサービスを牽引してきました。また、広告事業や投資事業、新領域事業などさまざまなサービスを提供する総合インターネット企業です。

■ 株式会社ミクシィ(http://mixi.co.jp/
株式会社ミクシィは、「全ての人に心地よいつながりを」をミッションに掲げ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス『mixi』、ひっぱりハンティングRPG 『モンスターストライク』等を運営しています。

■ 川田 尚吾氏
東京都立大学大学院にて博士(工学)を取得後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、1999年に株式会社ディー・エヌ・エーを共同創業し取締役就任。以降COOとして一連の事業立ち上げをリード。2008年に非常勤取締役、2011年より顧問。

現在は日米欧のスタートアップへの投資、支援を中心に活動。2012年に創業直後のスマートニュース(創業時社名:株式会社ゴクロ)に出資。

■ 株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ(http://www.globiscapital.co.jp/
グロービス・キャピタル・パートナーズは企業の成長のために必要となる「ヒト(人材)」「カネ(資金)」「チエ(経営戦略)」の3つの側面から投資先を総合的に支援する独立系ハンズオン型ベンチャー・キャピタルです。1996年に設立した1号ファンドを皮切りに、累計120社に及ぶ投資実績があります。現在は、IT、サービス、テクノロジーなど高い成長の見込まれる分野にフォーカスした投資を行い、グローバル企業の創造を目指します。

【スマートニュース株式会社について】
スマートニュース株式会社は、「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」ことをミッションとして2012年に設立されました(創業時社名:株式会社ゴクロ)。独自開発のソーシャルメディア解析技術を基盤に、400万ダウンロードを超えるスマートフォン・タブレット向けニュースアプリ「SmartNews」を運用、同アプリを軸に数多くのメディア各社との事業提携を行っています。

SmartNews公式サイト https://www.smartnews.be/
ダウンロードページ(iTunes App Store) https://itunes.apple.com/jp/app/id579581125
ダウンロードページ(Google Play)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.gocro.smartnews.android
スマートニュース株式会社 http://www.smartnews.co.jp/

◆グロービス ( http://www.globis.co.jp/ )
グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに経営情報サイト運営事業により、これを推進しています。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1サミットによるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOWによる震災復興支援も展開しています。

グロービス:
・学校法人 グロービス経営大学院
・株式会社 グロービス
 ・グロービス・エグゼクティブ・スクール
 ・グロービス・マネジメント・スクール
 ・企業内集合研修
 ・出版/電子出版
 ・オンライン経営情報誌「GLOBIS.JP」
 ・動画専門サイト「GLOBIS.TV」
・株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
・顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
・GLOBIS Asia Pacific Pte. Ltd.

その他の活動:
・一般社団法人G1サミット
・一般財団法人KIBOW


■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ
E-mail:info-gcp@globis.co.jp  TEL:03-5275-3939  Fax:03-5275-3825 
ホームページ:http://www.globiscapital.co.jp/

ページの先頭へ

プライバシーポリシー | お問い合わせ

©GLOBIS All Rights Reserved