ニュースリリース

Globis

2013年10月15日
Download PDF

ニュースリリース

グロービス経営大学院、「GLOBIS Venture Challenge」の受賞者5チームを決定 
大賞2件、特別賞3件で総額1300万円を出資へ

グロービス経営大学院(東京都千代田区、学長:堀義人)は、10月14日(月)、ビジネスプランコンテスト「GLOBIS Venture Challenge (GVC) 失敗したっていいじゃないか。ガンガンに行こう!」の最終選考会をグロービス経営大学院東京校にて開催しました。最終審査の結果、大賞2件、特別賞3件の受賞者を選出し、表彰式を執り行いました。

■GLOBIS Venture Challenge受賞ビジネスプランとチーム代表者(敬称略)

【大賞(500万円)】
◆買物革命 -EC3.0-  代表者:渡邉貴士(グロービス経営大学院2010期生、東京校)
◆Industrial data storage and analytics platform for energy and emissions reduction
 代表者:ブラッドリー・フォード(グロービス経営大学院英語パートタイムプログラム2013期生、東京校)
【優秀賞(300万円)】
該当なし
【特別賞(100万円)】
◆わたしの直売所 My Veggy!  代表者:髙口裕之(グロービス経営大学院2011期生、東京校)
◆日本人留学生の就職インフラサイト Offer Box Global
 代表者:中野智哉(グロービス経営大学院2010期生、大阪校)
◆レストル  代表者:本部 剛(グロービス経営大学院2010期生、大阪校)

IMG_0511.JPGのサムネイル画像IMG_0520.JPGのサムネイル画像
     最終選考参加チームと審査員              受賞者と会場参加者

GVCは、起業を目指す多くの在校生・卒業生にビジネスプランを競う場を提供し、立ち上げ資金を支援することで、より多くの起業を促すものです。学校法人グロービス経営大学院と株式会社グロービスがファンドを組成し、受賞者は大賞500万円、優秀賞300万円、特別賞100万(複数授賞の場合は総額最大2000万円)の出資を受ける権利を得ます。審査基準は、ビジネスプランの市場性、競争優位性、実現可能性、収益性が見込めることに加えて、社会性や経営メンバーの意志や志などグロービスの教育理念に即しているかを重視します。

今回のGVCには40チームから応募があり、グロービス経営大学院教員および「GLOBIS Venture Challenge」事務局による一次審査(書類選考)を通過した8チームが10月14日の最終選考会でプレゼンテーションを行いました。グロービス経営大学院の本科生および卒業生約120名も最終選考会に参加し、会場参加者票を投じ、審査員はプレゼンテーションに会場参加票を加味したうえで、入賞5チームを選出しました。

今回選出された5チームについて、表彰式で審査委員長の田久保善彦・グロービス経営大学院経営研究科研究科長は「来年も再来年もやる。再チャレンジ、新たなチャレンジを待っています」と総評を述べました。大賞受賞チームの渡邉貴士氏は、「3年間温めてきたプランの実現に向け、これでスタート地点に立つことができた。GVC初回の受賞者として頑張りたい」、ブラッドリー・フォード氏は「これを糧に頑張りたい。成功すれば世の中のためになる」と決意を述べました。

グロービス経営大学院は、2003年開始のグロービス・オリジナルMBAプログラムGDBAを前身として、2006年に開学しました(当初は株式会社立、2008年に学校法人に変更)。開学以来、「能力開発」「人的ネットワークの構築」「志の醸成」を教育理念に掲げています。東京・大阪・名古屋校に加え、2012年に仙台校、2013年に福岡校を開校、2006年開学当初78名だった大学院本科入学者数は、2013年9月には531名に達し、日本最大規模のビジネススクールに成長しています。2009年にパートタイム英語MBAプログラム、2012年9月に全日制英語MBAプログラムを開講し、日本国内のみならず世界各国からの留学生も招き入れています。大学院の前身からの累計で、10年で1000名超の卒業生を輩出しています。

グロービス経営大学院は、MBAプログラムの提供に加え、在校生および卒業生への資金面の起業支援を行うことで、日本およびアジアの創造と変革を担うビジネスリーダーの育成を加速していきます。

※注1)グロービス・オリジナルMBAプログラムGDBA(Graduate Diploma in Business Administration)は、2003年スタートした非学位プログラムで、これら実績をもとに、2005年文部科学省より大学院大学の設置認可を受け、翌年4月より経営大学院としてMBA生を受け入れることになりました。グロービスは、GDBAとグロービス経営大学院のMBAプログラムとは、入学審査、カリキュラム内容、講師陣の質、取得単位数などアカデミックな側面で、ほぼ同水準にあるものと認識しています。大きな違いは、MBAプログラムは学校教育法上の学位が発行されますが、GDBAは学位の対象とはならない点です。

【GLOBIS Venture Challenge 概要】

■応募資格
・経営チーム(登記上の取締役)のうち、1名以上がグロービス経営大学院の日本語/英語 MBAプログラムおよびGDBAの本科生/卒業生であること(外国人、海外での起業(*)も可) 。
・起業している、もしくは1年以内の起業を予定していること
 ―起業しない場合は、出資金を得ることはできません
 ―すでに起業されている方のエントリーも創業3年未満までは応募可能とします
 ―非営利法人は、今回の対象には含みません
 *起業:株式会社の法人登記をもって「起業」と見なします

■賞金
・総額最大2000万円(大賞500万円、優秀賞300万円、特別賞100万円。受賞チーム数は本選審査当日に決定)を、学校法人グロービス経営大学院と株式会社グロービスが組成する新ファンドから、転換社債(CB)によって出資を受ける権利を提供する。

■選考方法
・一次審査:
 グロービス経営大学院教員および「GLOBIS Venture Challenge」事務局による書類選考
・本選審査:
 提出資料と当日のプレゼンテーションを審査員および会場参加者票を加味して入賞チームを決定
 本選にはグロービス経営大学院の本科生および卒業生の見学も可能とし、会場参加者票も審査の参考とする
 審査は絶対評価で行い、入賞チームは本選当日に決定する
・本選審査員:
 石川 真一郎 氏   株式会社ゴンゾ代表取締役副社長 グロービス経営大学院「ベンチャー戦略」講師
 杉元 崇将 氏    株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役社長
 永沢 徹 氏     永沢総合法律事務所 代表弁護士 グロービス経営大学院 理事
 秦 充洋 氏     ミレニアムパートナーズ代表取締役パートナー
           グロービス経営大学院「ベンチャーマネジメント」「ベンチャー戦略」講師
 田久保 善彦    グロービス経営大学院 経営研究科 研究科長 (審査委員長)

【受賞者について】
◆買物革命 -EC3.0-
代表者:渡邉貴士
ネット上のオピニオンリーダーと共同で、ユーザーが本当に必要とする商品を企画・開発し販売する新たなECサイトを創造。モノがあふれる今、本当に必要なものを買い手が選択できるようサポート。

◆Industrial data storage and analytics platform for energy and emissions reduction
代表者:ブラッドリー・フォード
工場における生産データをクラウドで保管、管理、分析する新たなITシステムでエネルギー利用量と排気ガスの縮小も図る。

◆わたしの直売所 My Veggy!
代表者:髙口裕之
規格外のため現在市場に出回っていない野菜・果物を販売する直売所を開設。農家から、曲がったものや大きさが不均等なものを直接買い取って販売し、安全・安心な品を安価で提供する。

◆レストル
代表者:本部 剛
近隣レストランの検索サイト。スマートフォンの位置情報を元に「今すぐ行ける」お店をリアルタイムで表示し、割引クーポン等の特典情報も提供。急な飲み会や2次会など、突然でも近くの店を予約可能にする。

◆日本人留学生の就職インフラサイト Offer Box Global 代表者:中野智哉(株式会社 i-plug)
海外に留学している日本人と、留学経験者を採用したい企業とをつなぐマッチングサイト。安倍政権が海外への留学生を6万から12万人へと倍増計画する中、国内学生同様の就職機会を海外留学中の学生や留学経験者にも提供し、卒業後の日本国内での活躍の場を増やす。

◆グロービス ( http://www.globis.co.jp/ )
グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに経営情報サイト運営事業により、これを推進しています。

グロービス:
・学校法人 グロービス経営大学院
・株式会社 グロービス
 ・グロービス・エグゼクティブ・スクール
 ・グロービス・マネジメント・スクール
 ・企業内集合研修
 ・出版
 ・オンライン経営情報誌「GLOBIS.JP」
 ・動画専門サイト「GLOBIS.TV」
・株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
・顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
・GLOBIS Asia Pacific Pte. Ltd.


■本リリースに関するお問い合わせ先
グロービス広報室
E-mail:pr@globis.co.jp  TEL:03-5275-3870  FAX:03-5275-3890
http://www.globis.co.jp/

ページの先頭へ

プライバシーポリシー | お問い合わせ

©GLOBIS All Rights Reserved