ニュースリリース

2013年08月20日
Download PDF

ニュースリリース

G1サミットが「G1東松龍盛塾」を10月開塾へ、塾生を募集開始
志とビジネスマインドを備えたパブリックリーダーを育てる

一般社団法人G1サミット(東京都千代田区、 代表理事 堀義人 グロービス経営大学院 学長)は、2013年10月、「G1東松龍盛塾」を開塾します。東京、仙台、大阪、名古屋、福岡の5カ所で1泊2日の合宿形式の授業を全6回2年かけて実 施し、地域の変革を担う政治家・パブリックリーダーを育てます。第1期生の募集は、8月20日から開始し、9月20日に締め切り、書類選考・ 面接のうえ、 10月7日に合格者を発表します。日本・世界の発展を担っていくリーダー達が学び、交流する"日本版ダボス会議"を目指す「G1サミット」 が、その人的ネットワークとノウハウを生かして企画・運営するものです

2013.8.20 G1東松龍盛塾.jpgG1東松龍盛塾は、主に自治体議員や政治志願者を対象として、大局観を持って大きな志を涵養するパブリックマインドと、合理的なビジネス思考を磨く場を提供する場です。「東松龍盛」は、藤田東湖、吉田松陰、坂本龍馬、西郷隆盛から一字ずつ取った造語で、明治維新の志士達のように「確固たる信念」と「合理的思考」を持ち合わせた日本を変えるリーダーを輩出するという願いが込められています。プログラム策定においては、一般社団法人G1サミットと、自治体へのコンサルティングや政策提言を行う青山社中株式会社、地方議員が中心となって政策提言や政治家育成活動を行う「龍馬プロジェクト」、ならびに日本最大規模の経営大学院であるグロービス経営大学院が協力して実施します。(写真は2013年4月に実施したプレ・スクールの模様)

プログラムは、1年目は「足腰を鍛える」、2年目は「現実を直視する」というテーマで構成します。具体的には、リーダーシップ、歴史、文化、東洋・西洋の政治思想といった大局観を養うもの、人材マネジメント、マーケティング、会計、ファイナンスの基礎といったマネジメントの知識、政治・行政の基礎知識、選挙の秘訣、メディア活用、パーソナルブランディングなどの実践ノウハウ、そして経営者や首長を招いてのセッションからなります。これらを通し、塾生は自治体経営の実践的能力を身につけると共に、自らの使命を自覚するような構成をとっています。加えて少人数制クラスと合宿形式の授業により、生涯付き合える仲間を得る人脈づくりの場として機能することを狙っています。

受講の形式は2年間全6回(12日間)を参加する本科生240,000円を原則としますが、個別受講制度として1回(2日間)48,000円での受講も可能です(いずれも宿泊費、交通費、食費は別)。2年間受講した塾生には修了証を発行いたします。

G1サミットは2009年に107人の参加者で第1回を開催して以来、毎年規模が拡大し、今年2月の第5回G1サミットには、政治、経済、文化、技術、環境などの幅広い分野から220名強のリーダーが集結しました。また、2011年にはグローバル・リーダーが集う英語カンファレンス「G1 Global」、2012年には日本経済の中枢を担う経営者が集う「G1経営者会議」を開催しました。さらに2011年の第4回G1サミットを契機として「G1部会」が発足し、政治、地方自治(首長)、官僚、メディア、NPOの各分野において通年で勉強会を実施し、具体的な行動へと結びつけています。G1東松龍盛塾は、「G1首長ネットワーク」発のイニシアティブとして設立されます。

一般社団法人 G1サミットは、今後も日本・世界を牽引する新世代のリーダー達が世代や領域を超えて政治・経済、科学技術、文化、環境などを学び、意見交換や相互交流をする場を提供し、活力のある社会の復興、実現に寄与していきます。

【G1東松龍盛塾 塾生募集要項】
対象:主に地方自治体議員または政治家を目指す方。パブリック分野のリーダー、リーダー候補。
   2年間学ぶ意欲のある方。
定員:20名程度を予定(最小催行人数15名)
所要時間:1回につき1泊2日、計6回12日間
学費:本科生 2年間(6回受講)240,000円 (宿泊費、交通費、食費は除く)
   個別受講 1回につき48,000円(宿泊費、交通費、食費は除く)
※本科生以外の方には修了証が発行されません

入塾選考:一次選考:書類選考  二次選考:面接
募集期間:2013年8月20日~9月20日
合格発表:2013年10月7日
申し込み/お問い合わせ先:
URL:http://g1summit.com/g1toshoryusei/
Email:G1toshoryusei@globis.co.jp

【プログラム概要】

◆1年目(Aターム)  足腰を鍛える

 第1回 10月26日-27日 
東京
 第2回 2月15日-16日 
仙台(予定)
 第3回 6月28日-29日 
大阪(予定)
『歴史から学ぶリーダーの志』
林英臣 講師
時代の転換点にあって多くの課題を抱える日本のリーダーの卵に「先人の志」や、「日本人として守るべきもの」「今の時代を生きる若者の使命」を伝える。2年間の学びの柱となる指針を学びとってもらいたい。
『チームビルディング』
奥健一郎 講師
チーム創りにはリーダーシップが不可欠。また仲間のベクトルがそろわないと、素晴らしいチームはできない。そのために必要な事及びその原理等について多彩な観点から講義する。
『政治哲学』
藤井聡 講師&今村岳司 講師
政治の実践には「軽薄ならざる哲学」が不可欠。これは古今東西の政治における永遠の真理である。藤井氏が政治哲学の王道を講義するとともに、今井氏が地方議員時代の経験とそれを支えた「哲学」について伝える。
『クリティカル・シンキング』
田久保善彦 講師
全ての仕事の基盤となる論理的思考力の基礎を、ワークショップ形式で学びます。自分の考えを構造化し、説得力を持って相手に伝えるスキル、問題を解決していくためのスキルを身につけます。
『合意形成のためのファシリテーション』
吉田素文 講師
人を動かすために重要となる合意形成の考え方や、主張の違いを乗り越えて結論を導くために必要な議論・対話の進め方など政治家に必要なファシリテーション力について、簡単な実践を通じて学びます。
『マーケティングと経営戦略』
村尾佳子 講師
ビジネス現場で日常的に使われている外部環境分析やマーケティングの考え方、さらに各種施策の立て方などのベースを、ディスカッションやケースを通じて学びます。都市戦略や観光政策、自治体広報などに活かすことができる視点です。
『トップリーダー座学』
井上英明 株式会社パーク・コーポレーション代表取締役
熊谷俊人 千葉市長
「首長の決断と実践」
『トップリーダー座学』
登壇者未定
「危機管理と復興」
『トップリーダー座学』
漆紫穂子 品川女子学院校長
越直美 大津市長
「教育改革」
【夜ゼミ】
『政治家パーソナルブランディング』
【夜ゼミ】
『志を掘り下げる。伝える。』
【夜ゼミ】
『スピーチの声の出し方講座』
『リーダーシップ概論』
朝比奈一郎 講師
リーダーとマネジャーの違い/リーダーへの道のり/リーダーの分類 等
『リーダー像・国家の盛衰』
朝比奈一郎 講師
リーダーと国家の盛衰
日本のリーダー/世界のリーダー/古代ローマ
『東西思想概論』
朝比奈一郎 講師
東西思想概論
政治思想/経済思想/東洋思想

◆2年目(Bターム) 現実を直視する

第4回 10月
仙台(予定)
第5回 2月
名古屋(予定)
第6回 6月
東京(予定)
『選挙戦略とその秘訣(仮)』
講師未定
①選挙の秘訣と公選法
②選挙戦略とネット選挙
『憲法について考える(仮)』
講師未定
①歴史に学ぶ
②憲法とは何か
『地政学概論(仮)』
講師未定
①日本の伝統文化と神道
②地政学概論
『数字力①アカウンティング入門』
講師未定
『数字力②ファイナンス入門』
講師未定
『組織・人材マネジメント』
講師未定
『トップリーダー座学』
登壇者未定
『トップリーダー座学』
登壇者未定
『トップリーダー座学』
登壇者未定
【夜ゼミ】
『選挙の裏話』
【夜ゼミ】
『メディアの裏話』
【夜ゼミ】
『資金=志金集めの裏話』
『世界の中の日本』
日本・世界の現状分析
『政治・行政の現実』
自民党政権と民主党政権
予算、縦割りの現状
『主要政策のフレーム』
通商政策(TPP等)
エネルギー政策
外交・安全保障政策

■G1東松龍盛塾アドバイザー
【G1首長ネットワーク】
阿部守一(長野県知事)、伊原木隆太(岡山県知事)、平井伸治(鳥取県知事)、尾崎正直(高知県知事)、熊谷俊人(千葉市長)、鈴木康友(浜松市長)、高島宗一郎(福岡市長)、吉田雄人(横須賀市長)、仲川げん(奈良市長)、鈴木直道(夕張市長)、秋山浩保(柏市長)、樋渡啓祐(武雄市長)
【G1サミットボードメンバー】
井上英明(パークコーポレーション)、為末大(アスリートソサエティ)、世耕弘成(参議院議員)

■一般社団法人 G1サミット 団体概要
名称:一般社団法人 G1サミット(英文表記:G1 Summit)
設立:2013年4月1日
所在地:東京都千代田区二番町5-1住友不動産麹町ビル(グロービス内)
代表理事:堀 義人 グロービス経営大学院 学長
          グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー
理事:井上英明 株式会社パーク・コーポレーション 代表取締役
   田口義隆 セイノーホールディングス株式会社 取締役社長
監事:都 賢治 株式会社アルタス代表取締役、都会計事務所所長
社員:秋山咲恵 株式会社サキコーポレーション 代表取締役社長
   井上英明 株式会社パーク・コーポレーション 代表取締役
   岩瀬大輔 ライフネット生命保険株式会社 代表取締役副社長
   小林りん 公益財団法人インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢設立準備財団 代表理事
   世耕弘成 内閣官房副長官 参議院議員
   田口義隆 セイノーホールディングス株式会社 取締役社長
   辰巳琢郎 俳優
   為末大 一般社団法人アスリートソサエティ 代表理事
   星野佳路 株式会社星野リゾート 代表取締役社長
   前原誠司 衆議院議員
   山中伸弥 京都大学 iPS細胞研究所 所長
   堀 義人 (再掲)

ウェブサイト:http://g1summit.com/  E-mail:conference@globis.co.jp
詳細はニュースリリースをご覧ください  http://www.globis.co.jp/news/release/20130401_g1.html

■龍馬プロジェクト(会長 神谷宗幣 氏)
日本を変革する想いを持った地方議員が中心となり、政治に失望感を抱く多くの人達が希望を安心を感じて生きていける国づくりを目指し、2009年に立ち上げたプロジェクト。坂本龍馬のごとく全国を飛び回り、草の根運動により政治家志望者を募り、また日本変革の強い意識を持つ地方政治家で国民の信頼を受け止める超党派の政治集団をつくることを目指す。現在約100名が所属し、勉強会を精力的に実施している。
URL:http://ryouma-project.com/index.php

■青山社中株式会社(筆頭代表 朝比奈一郎 氏)
霞ヶ関の縦割り打破、政策立案能力の向上を目指した若手公務員による「プロジェクトK(新しい霞ヶ関を創る若手の会)」の活動を拡大するべく2010年に発足。「世界に誇れ、世界で戦える日本」のための人材・政策・組織を創ることをビジョンに掲げ、リーダー塾による人材育成、政策提言、自治体等へ組織づくりのコンサルティングを行い、これを推進している。
URL:http://aoyamashachu.com/


■このニュースリリースに関するお問い合わせ先:
一般社団法人 G1サミット G1東松龍盛塾事務局(グロービス代表室内)
E-mail:G1toshoryusei@globis.co.jp 電話:03-5275-3762(平日9:30-18:00) URL:http://g1summit.com/g1toshoryusei/

ページの先頭へ

プライバシーポリシー | お問い合わせ

©GLOBIS All Rights Reserved