ニュースリリース

Globis

2013年07月08日
Download PDF

ニュースリリース

グロービス、第9回「グロービス アルムナイ・アワード」を授与 
GRA・岩佐大輝、おひさま会・山口高秀、日本サブウェイ・庵原リサ、 
ツルガ・敦賀伸吾の4氏 特別賞にはLINE・森川亮氏

 グロービス(東京都千代田区、代表取締役:堀義人)は、第9回「グロービス  アルムナイ・アワード」の2013年度受賞者を決定し、7月6日、グロービス経営大学院主催「あすか会議」(於:京都府、7月6~7日)にて授賞式を執り行いました。受賞者は創造部門2名、変革部門2名、特別賞1名です。

◆2013年 グロービス アルムナイ・アワード受賞者(敬称略)
創造部門:
 農業生産法人株式会社GRA 代表取締役CEO   岩佐 大輝(グロービス経営大学院2010期生)
 医療法人おひさま会 理事長   山口 高秀(グロービス経営大学院2009期生)
変革部門:
 日本サブウェイ株式会社 取締役 営業統括本部長   庵原 リサ(グロービス経営大学院2009期生)
 株式会社ツルガ 代表取締役社長   敦賀 伸吾(グロービス経営大学院2008期生)
特別賞:
 LINE株式会社 代表取締役社長   森川 亮(グロービス・マネジメント・スクール1996年受講)

第9回グロービス アルムナイ・アワードを授与.jpg (受賞式の様子 写真左から、岩佐氏、山口氏、 庵原氏、森川氏、敦賀氏)

 「グロービス  アルムナイ・アワード」は、ベンチャーの起業や新規事業の立ち上げなどの「創造」と、既存組織の再生といった「変革」を率いたビジネスリーダーを、グロービス経営大学院(日本語MBAプログラムならびに英語MBAプログラム)、グロービスのオリジナルMBAプログラムGDBA(Graduate Diploma in Business Administration)、グロービス・レスターMBAジョイントプログラムによる英国国立レスター大学MBAの卒業生の中から選出・授与するものです。選出にあたっては、創造や変革に寄与したか、その成功が社会価値の向上に資するものであるか、またそのリーダーが高い人間的魅力を備えているかといった点を重視しています。

  創造部門で受賞した岩佐大輝氏は、大学在学中からIT関連サービスで起業。2011年3月11日の東日本大震災直後から、故郷である宮城県山元町にて震災翌日からITによる被災者支援を開始するとともに、グロービス経営大学院の在校生・卒業生と復興活動を担うGRAを創設。地元住民との協働により被災から1年弱で山元町の特産品イチゴの栽培をIT活用農法で復活させました。農林水産省の「食糧生産地域再生のための先端技術展開事業」を受託したほか、インドへの事業展開も果たしました。GRAは傘下のNPO法人を通して、山元町の中学生を対象にした人材育成プロジェクト「こころざし教育」を手掛けるなど、10年で100社、10,000人の雇用を創出すること」をビジョンに掲げ、東北の復興と日本農業の再創造に取り組んでいます。

  山口高秀氏は、大阪大学医学部付属病院特殊救急部、大阪府立急性期・総合医療センターなどで救急救命医として従事した後、2006年に地域の在宅医療を推進するために医療法人おひさま会を設立。2008年、株式会社Global Medicを設立し、外部の診療所も利用可能な、在宅医療地域連携サービス「おひさまネットワーク」の展開を兵庫と神奈川で開始。さらに、2012年、地域の医療介護関係者が集う多職種勉強会を全国展開するための一般社団法人LINKを設立。超高齢社会を迎える日本において新たな医療サービス事業の展開を試みています。

  変革部門で受賞の庵原リサ氏は、サントリー株式会社に入社後、法人対象の企画部門、法人営業等を経験したのち、2010年に日本サブウェイ株式会社の取締役、マーケティング本部長に就任。2010年度に238だった店舗数は、2013年には約450まで急成長しています。現在は、営業統括本部長として店舗の運営力・現場力の強化に取り組み、日本市場での事業拡大を推進しています。

  敦賀伸吾氏は、1999年、家業の特殊ネジ専門商社・株式会社ツルガに入社、2005年に代表取締役に就任しました。2000年頃より安価な中国製品の台頭で競争環境が激化する中、提案型営業戦略とインターネットによる受注方式に事業を大きくシフトさせました。さらに、工程見直しやコスト削減手法を企業に提案するコンサルテーション事業も強化、2008年には総合ネジ通販サイト『ネジクル』を立ち上げました。経済産業省  IT経営力大賞  審査委員会奨励賞(2008年)、関西IT百撰  2007年最優秀賞、2010年優秀賞も受賞しています。

  また、特別賞を受賞した森川亮氏は、日本テレビ放送網株式会社の社員時代にグロービス・マネジメント・スクールでの受講を契機にビジネス・リーダーとしての道を歩むことを決意。ソニー株式会社を経て現在は、「LINE」「NAVER」「livedoor」のウェブサービス関連事業を行うLINE株式会社代表取締役社長を務めています。本特別賞は、グロービス・マネジメント・スクールでの学びを最大限に活かし、日本発のソーシャル・ネットワーク・サービス「LINE」を生み・育て上げた功績を称えるものです。

 「グロービス アルムナイ・アワード」の創設は2005年に遡ります。これまでの受賞者には、西濃運輸株式会社 取締役社長 田口義隆氏、株式会社ポッカコーポレーション 代表取締役社長 内藤由治氏、株式会社カネボウ化粧品 代表取締役 知識賢治氏、株式会社ビー・ユー・ジー 代表取締役社長 川島昭彦氏、春日井製菓株式会社 代表取締役社長 春日井康仁氏、アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 代表取締役社長 徳力基彦氏、株式会社シマンテック 代表取締役社長 河村浩明氏、株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役社長 杉元崇将氏など、各界のトップリーダーが名を連ねています(役職は全て受賞当時のもの)。

 グロービスでは、グロービス アルムナイ・アワードの授与を通して、「創造と変革」に取り組む修了生・卒業生の努力・功績を顕彰し、社会的認知を高めるとともに、後輩たちの奮起を促すことを期待しています。

◆グロービス ( http://www.globis.co.jp/ )
グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール企業内集合研修事業、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに経営情報サイト運営事業により、これを推進しています。

グロービス:
・学校法人 グロービス経営大学院
・株式会社 グロービス
 ・グロービス・エグゼクティブ・スクール
 ・グロービス・マネジメント・スクール
 ・企業内集合研修
 ・出版
 ・オンライン経営情報誌「GLOBIS.JP」
 ・動画専門サイト「GLOBIS.TV」
・株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
・顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
・GLOBIS Singapore Pte. Ltd.


■本リリースに関するお問い合わせ先
グロービス広報室
E-mail:pr@globis.co.jp  TEL:03-5275-3870  FAX:03-5275-3890
http://www.globis.co.jp/

ページの先頭へ

プライバシーポリシー | お問い合わせ

©GLOBIS All Rights Reserved