ニュースリリース

Globis

2013年05月13日
Download PDF

ニュースリリース

グロービスシンガポール、「異業種交流型マネジメントプログラム(ALP)」を開始
アジア展開企業における現地・次世代リーダーの育成・強化を支援へ

グロービス(本社:東京都千代田区、代表:堀義人)のシンガポール現地法人であるグロービスシンガポール(代表:河尻陽一郎)は、アジア展開企業における次世代リーダーの育成・強化を支援する新プログラム「異業種交流型マネジメントプログラム/Asian Leaders Program」(略称:ALP)を開発し、提供を開始します。アジア展開企業にとって緊急の課題である(1)現地採用スタッフを将来の幹部候補として育成すること、(2)日本人駐在員をグローバル人材としてレベルアップすること――という2つのニーズに応えるものです。

受講対象者は現在マネジメントに携わっている方、将来リーダーとしての活躍を期待される方で、年齢、国籍、勤務地は問いません。日系企業だけでなく、現地企業や欧米企業からの参加者も受け付けます。ケース教材としてはアジア企業やアジア各国に展開している日本企業を選び、アジアで成果を上げるための経営判断力を養成します。使用言語は英語で、計8日間(午前9時~午後5時)にわたる高密度なプログラムを通じて、アジア市場における次世代リーダーとしての要諦を学びます。また、異業種、異なる国・地域からの受講者が共に学び、交流することによって、アジアの多様性に対する理解を深めます。ALPの特長は以下の通りです。

<ALPの特長>1.jpg
1. マネジャーに求められる包括的経営スキルの獲得
・経営に必要なヒト・モノ・カネの領域をカバー

2. アジア企業・日系企業の研究知見を元にしたコンテンツ
・アジアでのマネジメント事例を用いたセッション

3. グロービスMBAコースで教える講師が登壇
・海外実務経験と教育経験の両者を保有

4. 日本語、英語教材を併用したサポート(日本人の方向け)
・英語講義の理解不足分を補う

5. モジュール毎の選択受講2.jpg
・ご自身に必要なテーマをえらんでの受講も可能

今年2月下旬から3月上旬の6日間にわたってシンガポールで実施した「第1回ALP」(旧称MPA: Management Program in Asia)には、日系企業を中心に14名が参加しました(写真右)。国籍は日本、シンガポール、マレーシア、南アフリカなどと多様で、受講生からは「これだけ多国籍な人たちと6日間にもわたり、経営について英語で議論するのは初めての経験。とても良い刺激になった」といったコメントが寄せられました。

また、第1回ALPにご参加されたToshiba Asia Pacific Pte LtdのHR&Legal Department HR Senior Manager 、Rindy Teo氏は、"I found the course very rewarding and practical.  All teachings were through frameworks and dissect from various case studies which was very interesting and useful.  This form of teaching was also very interactive.  All speakers were impressive as they were passionate and enthusiastic in delivering the course." (とても実践的で実りの多いコースでした。講義はフレームワークと興味深いケースを用いた分析によって組み立てられており、とてもインタラクティブでした。熱意を持ってコースを導いていた講師の皆さんが大変印象的でした)と、コメントしています。

2013年度には、シンガポール、および、その周辺国都市の2カ所で、計8日間のコースをそれぞれ開催します。詳細は以下の通りです。(ウェブサイトはこちら → http://www.globis.sg/ja/service/alp.html

■グロービス 異業種交流型マネジメントプログラム/GLOBIS Asian Leaders Program: 2013年度開講予定

【カリキュラム】(各都市共通)

Module1: リーダーに求められる思考・意志決定技術
Day1: 効果的に考えるためのクリティカル・シンキング
Day2: 議論を導き、結果を出すファシリテーションスキル

Module2: アジアで戦うための経営戦略・マーケティング
Day3: 競争優位を考えるための基礎フレームワーク
Day4: 新興国におけるマーケティング戦略立案

Module3: 戦略のアウトプットとしての経営数値理解
Day5: 事業活動(バリューチェーン)と財務の繋がり
Day6: リーダーが理解すべき経営数値と意志決定への活かし方

Module4: 組織を導き、結果を出すリーダーシップ・"志"
Day7: 多様性高いチームを束ねる組織運営と企業理念
Day8: リーダーとしての自身のあり方の振り返りと行動変革

【開講日程】

●シンガポール

2013年7月期

2013年10月期

2014年1月期

Module1

7/18(木)、19(金)

10/10(木)、11(金)

1/9(木)、10(金)

Module2

8/1(木)、2(金)

10/24(木)、25(金)

1/23(木)、24(金)

Module3

8/29(木)、30(金)

11/7(木)、8(金)

2/13(木)、14(金)

Module4

9/12(木)、13(金)

11/21(木)、22(金)

2/27(木)、28(金)

(注)内容・日程ともに変更の可能性があります

 ◆グロービス (http://www.globis.co.jp/
グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに経営情報サイト運営事業により、これを推進しています。

グロービス:
・学校法人 グロービス経営大学院
・株式会社グロービス
 ・グロービス・エグゼクティブ・スクール
 ・グロービス・マネジメント・スクール
 ・企業内集合研修
 ・出版
 ・オンライン経営情報誌「GLOBIS.JP」<
 ・動画専門サイト「GLOBIS.TV」
・株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
・顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
・GLOBIS Singapore Pte. Ltd.


■本リリースに関するお問い合わせ先
●お客様: グロービスシンガポール (担当:中村) E-mail: INQ@globis.sg  TEL: +65-6408-3726  http://www.globis.sg/

●報道関係の皆様:
グロービス 広報室  E-mail:pr@globis.co.jp  TEL:03-5275-3870  FAX:03-5275-3890 http://www.globis.co.jp/

ページの先頭へ

プライバシーポリシー | お問い合わせ

©GLOBIS All Rights Reserved