ニュースリリース

Globis

2012年11月16日
Download PDF

ニュースリリース

『日本型「無私」の経営力――震災復興に挑む七つの現場』を11月16日に発売
緊急事態に自主性を発揮した現場に学ぶ、経営とリーダーシップのヒント

 グロービス経営大学院(東京都千代田区、学長:堀義人)の田久保善彦 研究科長などが執筆した新刊『日本型「無私」の経営力――震災復興に挑む七つの現場』が11月16日、光文社より刊行されます。

 本書は、2012年3月11日に発生した東日本大震災の直後から、日本企業が取り組んだ「無私の支援」、「無私の経営判断」とも言える震災復興支援の実態を記したものです。震災発生直後から積極的に支援を開始・継続できた企業には、現場の自発的な行動と経営トップによる迅速な決断があり、それは何がきっかけとなったのか、そこではどのようなリーダーシップが発揮されたのか、平時の企業運営と緊急対応にはどのような関係が存在したのか、企業理念が果たした役割は何だったのか等を明らかにしています。

本書では一般の経営書としてではなく、事例紹介を中心にとりまとめました。事例の選定に当たっては、大手から地元企業まで計7社、インフラを担う企業、金融、自らが壊滅的な被害を受けた企業、企業経営者が何人もで立ち上げたプロジェクトなど、様々な企業や活動をバランスよく取り上げました。
 具体的な企業・活動は以下の通りです。

  • ヤマトホールディングス株式会社 (現地における様々な物流支援活動・人命救助活動に加え、荷物1個10円の寄付を積み上げ2011年度に合計140億円を超える寄付を実施)
  • 富士フイルム株式会社 (被災地で津波により海水を被った写真を洗浄する技術を開発。同時に大規模な洗浄ボランティア活動を実施。加えて関連会社が地域の除染作業に貢献)
  • 富士通株式会社 (被災地域へのパソコンやクラウドシステムの提供とNPOとの連携、在宅医療システムの支援)
  • 株式会社東邦銀行 (被災直後の迅速な払戻しの実施と、他金融機関との協力関係の迅速な構築)
  • 株式会社 みちのりホールディングス:岩手県北バスグループ、福島交通グループ (原子力発電所近隣地域からの避難輸送の実施とホテルを避難所として開放。観光を通じた復興支援を目指しボランティアツアーを実施)
  • 株式会社八木澤商店 (救援物資の運搬や地域企業の復興支援、自社社員の雇用維持)
  • 一般財団法人 KIBOW (数名の起業家等が発足させた震災支援活動。被災地におけるイベントなどを積極的に展開し、その結果被災地における新しい取り組みの発足につなげる)

 これらの震災復興支援活動という営みを通して見えた日本企業の底力、今なお続けられる力強い活動を生んだそれぞれの土壌を実感していただけましたら幸いです。

『日本型「無私」の経営力――震災復興に挑む七つの現場』

■タイトル:『日本型「無私」の経営力――震災復興に挑む七つの現場』
■章立て:
はじめに
第1章ヤマトホールディングス株式会社
徹底した現場主義とトップの決断力
第2章富士フイルム株式会社
津波を被った写真を洗う ――「思い出」を救うプロジェクト
第3章富士通株式会社
NPOとの連携に見えた企業の可能性
第4章株式会社東邦銀行
全ては地域、お客様のために ――地域経済を支える「信頼」
第5章株式会社みちのりホールディングス
希望の灯となった地域の「足」と集いの「場」
第6章株式会社八木澤商店
雇用を守り、地域を想う――若きリーダーの信念
第7章一般財団法人KIBOW
希望のかけ橋となる「場」を創る
おわりに
■著者:グロービス経営大学院  田久保善彦
■定価:777円(本体740円+税)
■発売日:2012年11月16日
■体裁:新書版 216ページ
■コード:ISBN 978-4‐334-03713-0
■発行:光文社

【著者紹介】

グロービス経営大学院
社会に創造と変革をもたらすビジネスリーダーを育成するとともに、グロービスの各活動を通じて蓄積した知見に基づいた、実践的な経営ノウハウの研究・開発・発信を行っている。東京、大阪、名古屋、仙台、福岡(2013年4月より)にキャンパスを構え、また2012年10月より全日制英語MBAも開講した。

田久保善彦
グロービス経営大学院経営研究科研究科長。慶應義塾大学理工学部卒業、同大学院理工学研究科修了。スイスIMD PEDコース修了。株式会社三菱総合研究所を経て現職。グロービス経営大学院及びグロービス・マネジメント・スクールにて企画・運営業務、研究、コース・教材開発等を行なう傍ら、グロービス経営大学院及び企業研修におけるリーダーシップ開発系・思考科目の教鞭を執る。著書に『ビジネス数字力を鍛える』『社内を動かす力』(以上ダイヤモンド社)、共著に『志を育てる』(東洋経済新報社)、『MBAクリティカル・シンキング コミュニケーション編』、『日本の営業2010』、『全予測 環境&ビジネス』(以上ダイヤモンド社)、『21世紀日本のデザイン』(日本経済新聞社)、訳書に『信念に生きる--ネルソン・マンデラの行動哲学』(英治出版)等がある。。

【グロービスの出版活動について】

グロービスでは、ビジネススクールでの教育や、人材開発を通じた企業変革の現場、あるいはベンチャー・キャピタル事業を通じた企業育成の現場から得られた膨大な知見をもとに、さまざまな書籍を世の中に送り出してきました。経営学の定番教科書となっている「グロービスMBA」シリーズ(ダイヤモンド社)は、1995年の第1弾『MBAマネジメント・ブック』上梓以来、累計130万部以上を発行しています。また、「グロービスの実感するMBA」シリーズ(ダイヤモンド社)、あるいは「グロービスMBA集中講義」シリーズ(PHP研究所)など、シリーズをベースにした書籍刊行も随時行っており、今後、年間数冊ペースで新タイトルを上梓していく予定です。


◆ グロービス URL:http://www.globis.co.jp/

グロービスは1992年の設立来、「ヒト・カネ・チエのビジネスインフラを構築し、社会の創造と変革をサポートする」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに経営情報サイト運営事業により、これを推進しています。

グロービス:
・学校法人 グロービス経営大学院
・株式会社 グロービス
 ・グロービス・エグゼクティブ・スクール
 ・グロービス・マネジメント・スクール
 ・企業内集合研修
 ・出版
 ・オンライン経営情報誌「GLOBIS.JP」
・株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
・顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
・GLOBIS Singapore Pte Ltd


■本リリースに関するお問い合わせ先
グロービス 広報室
E-mail:pr@globis.co.jp  TEL:03-5275-3870  FAX:03-5275-3890
URL:http://www.globis.co.jp/

ページの先頭へ

プライバシーポリシー | お問い合わせ

©GLOBIS All Rights Reserved