ニュースリリース

Globis

2006年01月11日
Download PDF

ニュースリリース

グロービスとCompTIA 協同で顧客視点型IT人材を創出

~ITソリューション提案力向上に必要なスキルモデルを定義、評価・育成プログラムを提供~

経営教育事業等を運営するグロービス・グループ(東京都千代田区 代表:堀 義人) は、CompTIA(コンプティア:コンピュータ技術産業協会/本部:米国イリノイ州)と、IT関連企業のコンサルティングセールスや保守・運用管理といった業務に従事する人材のITソリューション提案力向上を通じて、顧客視点でのコンサルティングを行なえるIT人材の創出支援で協業することを発表致しました。IT人材の能力基準に関する認定活動をグローバルに展開し、業界に多大な影響力をもつCompTIAとの協業により、グロービスでは、自社のもつ評価ツールとして、経営の基礎力を判定するGMAP(Globis Management Assessment Program)ならびに育成ツールとしての企業内研修といった各プログラムのご提供により、IT関連企業の人材育成に貢献いたします。

IT人材といえば、昨今の高度IT人材育成の流れから、設計、開発、プログラミングといった業務やプロジェクトマネジメント業務にフォーカスが当てられていますが、顧客とのビジネスの継続や新たなビジネスチャンスの獲得という点では、顧客との接触や顧客のIT環境の問題把握の機会が多い、コンサルティングセールスや保守・運用管理といった業務に従事する人材の能力向上が非常に重要であり、特に顧客視点でのITソリューション提案力如何で業績が大きく変わってきます。この提案力の育成には、今までの企業内文化や個々人の意識にも深く関わる部分であることから、文化の変革や個々人の意識改革から具体的な方策の考案までを、適確に実行していかなければならず、組織を巻き込む点でエンジニアの技術力向上以上に困難です。

そこで、ITソリューション提案力の向上でグロービスとCompTIAが協業することで、グロービスの持つ人材開発や組織開発に関わるノウハウを生かしながら、顧客視点でのソリュ-ション提案力向上に必要な能力として定義する「ヒューマンスキル(対人関係能力)」「コンセプチュアルスキル(概念把握力)」「IT業務における実務能力」の育成を支援し、最大の効果が得られる体制を築きます。グロービスではこれまでに培った人材開発や組織開発に関するノウハウをベースにした、企業内研修等のソリューション提案力向上プログラムや、提案力の根幹をなす「論理思考力」のアセスメント(評価)ツールGMAP(Globis Management Assessment Program)を中心にしたソリューションをご提供して参ります。

今回の協業の業界背景や顧客視点でのソリューション提案力の必要性、その方法論やツールのご紹介などについては、来る2月2日に開催するセミナーでもご案内致します。ぜひご参加をお待ちしております。

CompTIA・グロービス共催セミナー

顧客視点型ビジネスへの転換 ~IT人材に求められるソリューション提案力とは~
日 時 2006年2月2日(木) 14:00~17:00 (受付開始13:30)
場 所 グロービス東京本社 (千代田区二番町5-1)
参加費 無料
定 員 100名
内 容  
講演1 プロフェッショナル人材と提案力の強化 ~「コンサルティング・スキル」育成へのアプローチ~
グロービス・オーガニゼーション・ラーニング ディレクター 大澤 久明
講演2 コンサルティング能力の基礎スキル ~論理思考力測定ツール「GMAP-CT」
グロービス GMAPチーム 加藤 剛広
講演3 IT業務における顧客視点を育成する ~顧客視点の実務能力を評価するCompTIA認定資格~
CompTIA日本支局 アシスタントアカウントマネージャ 吉村 睦美氏
申 込 http://www.globis.co.jp/gol/ よりお申込みください (事前登録制)

(参考)

◆ GMAP (Globis Assessment Management Test)

GMAPは、グロービスがこれまでマネジメント・スクールや企業内研修等の事業で培ったマネジメント能力開発、アセスメントのノウハウをベースに開発したビジネスリーダーの基礎力を測定するテストです。試験問題も語義の記憶量や論理思考の素地を測定するだけではなく、ショートケースを使って知識を活用できるレベルまで習得できているか否かを診断することができます。これまでにのべ50,000名以上のビジネスパーソンに利用いただいており、これらの受験データを基にした他社との比較、対象者の傾向把握、さらにはベンチマークの設定による能力開発の方向性確定など、さまざまな用途で活用することが可能です。

【商品】 URL:http://www.globis.co.jp/gol/service/assessment/

・GMAP-BF(ビジネス・フレームワーク)編 15,750円

マネジメントの基礎知識である経営の6領域についてビジネスフレームワークの理解度を測定

・GMAP-CT(クリティカル・シンキング)編 15,750円 ライト版 8,400円

課題解決の基礎となる論理思考力を測定

◆グロービス・グループについて URL:http://www.globis.co.jp/

グロービスは、経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」のビジネス・インフラを構築し、社会の創造と変革を行うことを目指して、現在、①ビジネススクール、②企業内研修、③経営研究:書籍出版、④ベンチャーキャピタル、⑤人材紹介の5事業を展開しています。

  • ハーバード・ビジネス・スクールや自社開発教材を用いた欧米ビジネススクール(経営大学院)レベルの教育機会を提供し、2万人におよぶビジネスリーダーを輩出するグロービス・マネジメント・スクール(GMS)
  • 法人向けに人材・組織開発事業を展開し、250 社を超えるクライアント企業を持つ
    グロービス・オーガニゼーション・ラーニング(GOL)
  • 経営に関する実践的で最先端の経営技術を研究・出版し、100 万部を超える出版実績を持つ
    グロービス・マネジメント・インスティテュート(GMI)
  • マネジメント人材発掘・紹介により人材の最適資源配分の促進を目指し、1 万人を超える登録者数を持つ
    グロービス・マネジメント・バンク(GMB)
  • ハンズオン型ベンチャー投資を行い、200 億円を超えるファンドを運営し、約30 社への投資実績を持つ
    グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)

◆CompTIAについて URL: http://www.comptia.jp

1980年初頭、EDIが様々な規格で利用され情報が飛び交う中、ISOやIEEEに対し標準化を提言するため、各社が集まる場として1982年にシカゴで設立。その後、欧米を中心とし14拠点を持つ非営利グローバルIT業界組織として、技術標準化の提言や各業務の業務保証となる実務能力基準の認定活動等を行っています。会員は、IT企業や各種団体、教育機関など89ヶ国20,000機関以上が参加しています(2005年6月現在)。尚、日本では、支局が平成13年4月に設立されています。


本リリースに関するお問い合わせ先
グロービス・グループ ブランド・コミュニケーションズ(広報)
Email:pr@globis.co.jp Tel:03-5275-3870 Fax:03-5275-3865

GMAPおよびセミナーに関するお問い合わせ先
E-mail:gmap@globis.co.jp Tel:03-5275-3892 Fax:03-5275-3506
URL: http://www.globis.co.jp/

ページの先頭へ

プライバシーポリシー | お問い合わせ

©GLOBIS All Rights Reserved