ニュースリリース

Globis

2005年11月28日
Download PDF

ニュースリリース

グロービス「経営大学院」認可答申を受け 来春発足へ
~日本初、通学型の株式会社立経営大学院を東京・大阪にて開学~

経営教育及びベンチャーキャピタル事業等を運営する株式会社グロービス(東京都千代田区 代表:堀 義人)は、本日の大学設置・学校法人審議会の文部科学省への設置認可答申を受け、グロービス経営大学院(*1)を開学いたします。

弊社は、構造改革特区制度を活用した株式会社による専門職大学院の設置認可申請を行っておりましたが(2005年7月12日付プレスリリースご参照)、本日、大学設置・学校法人審議会は文部科学大臣に対して同大学院の設置を可とする答申を行いました。今後、文部科学大臣による認可が行なわれれば、来月初旬より学生募集を開始し、2006年4月、東京・大阪にて開学いたします。

弊社の運営するグロービス・マネジメント・スクールは、東京・大阪・名古屋での通学および通信教育にてのべ2万人以上の受講生が学ぶ、日本最大規模の民間型ビジネススクールです。1992年に、単科受講の学校として発足し、1996年に英国国立大学との提携によるMBA(*2)の発行、そして、2003年にはグロービスオリジナルMBAプログラム(GDBA)(*3)を開始するに至りました。

弊社では、構造改革特区制度による規制緩和によって、株式会社立のビジネススクールにおいても専門職大学院の設置認可申請が可能となったことを契機に、既存教育事業の実績をもとに、大学院設置申請を行うこととしました。今回の審議会答申により文部科学大臣の認可が行なわれれば、これまで数多くの経営教育現場で培った教育ノウハウをさらに進化させたプログラムのご提供、ならびに経営学修士(専門職)の学位(MBA)授与が可能となります。グロービス経営大学院は2006年4月より、東京40名、大阪20名の年間定員で発足する予定で、このような株式会社立の経営系大学院の設置は、通信教育では前例があったものの通学形式としては日本で初めてとなります。

学長には、グロービス・グループ代表の堀義人が就任し、名誉学長には、「日本の経営」の著者であるジェームズ・C・アベグレン氏を招聘することとなりました。アベグレン氏は、日本的経営の特徴とされる「終身雇用(Lifetime Commitment)」「年功序列」などの言葉の実質的な産みの親です。ボストン コンサルティング グループの日本支社の創設者でもあり、日本の経営コンサルティング業界をリードされてきた方です。
来春より、次代のビジネスリーダーを育成する、高度な専門職大学院が新たに誕生することとなります。

<学長就任予定の堀義人コメント>
小泉内閣の規制緩和の流れによって、株式会社のままでも経営大学院を創設することができるようになり、このたび大学院設置可との答申を受けたことを大変嬉しく思っています。13年前にアパートの一室と渋谷の貸し教室で寺子屋のように始まったビジネススクールが、13年後には経営大学院にまで進化することができました。これも一重に、ご協力いただいた講師の方々、クライアント企業の皆様、そして優秀な受講生のお陰であります。この場を借りてお礼申し上げたいと思います。文部科学省と審議会の方々には、フェアで透明性の高いプロセスでの審査を行っていただきありがたく思っています。過去の実績や、レスター大学との提携MBAプログラム、更には非学位のオリジナルMBAプログラムの実績などが評価されたものと考えています。今後は、定員数の拡大、施設やカリキュラムの更なる充実など一層の努力をしたいと思っています。

(*1) 正式名称は「グロービス経営大学院大学」であり、学部をもたない専門職大学院となります
(*2) グロービスでの受講単位を単位互換し、英国レスター大学大学院がMBAを発行するプログラムです
(*3) グロービスオリジナルMBAプログラム(GDBA)は、文部科学省の認可を受け発足する来春開学の「グロービス経営大学院」とは別のプログラムであり、経営学修士の学位を授与するものではありません

【今後のスケジュール(予定) 2006年4月生 東京校、大阪校とも】

募集開始: 2005年12月5日(月) 10:00より
(WEBサイトwww.globis.co.jp/mbaより募集要項のダウンロードが可能。郵送も受付)
願書受付: ラウンド1 2006年1月5日(木)~1月12日(木)
ラウンド2 2006年1月30日(月)~2月7日(火)
面接・試験: ラウンド1 2006年1月28日(土)~1月31日(火)のいずれか1日
ラウンド2 2006年2月24日(金)~2月26日(日)のいずれか1日
記念講演: 第1回 2005年12月16日(金) グロービス東京校
ゲストスピーカー:楽天株式会社 代表取締役会長兼社長 三木谷 浩史氏
第2回 2006年 1月11日(水) グロービス東京校
ゲストスピーカー:株式会社ローソン 代表取締役社長兼CEO 新浪 剛史氏
(グロービス大阪校、名古屋校へも同時中継の予定です)
記念講演の参加は、WEBサイト www.globis.co.jp/mba より事前予約制
報道関係者の方はグロービス広報(E-mail:pr@globis.co.jp)までメールにてご連絡ください(御社名、媒体名、参加ご人数をお書き添えください)。

【 グロービス経営大学院について 】

(1)特徴

- ケースメソッドやグループ・ワークを多用した、意思決定力・実行力を高めるプログラム設計
- グループ内のベンチャーキャピタル・企業研修・人材紹介事業からの知見を集結した実践的カリキュラム
- 学識豊かな研究者教員に加え、ビジネス経験豊富なマネジメント、経営コンサルタント等の実務家教員
- リーダーとしての人間力を養い、同級生との生涯の友情を育むオフサイトの機会も豊富にご提供
- 多忙なビジネスパーソンがキャリアブランクなく履修可能(夜間・土日開講、3ヶ月単位履修、通勤至便な立地)
- グループの人材紹介会社グロービス・マネジメント・バンクによる手厚いキャリアサポート
- 2万人超の受講生を輩出した既存学校事業における教育ノウハウ及び学習インフラ(ライブラリー、自習室等)

(2)養成したい人材像

「社会に“創造”と“変革”をもたらすビジネスリーダーの育成」を教育方針に、
「事業創造」できる人材 : ベンチャー企業の経営陣として活躍
「事業変革」できる人材 : 既存企業の変革を担うチームの中核として活躍を育成すべく、以下のスキル・ウィルを兼備したリーダー育成を目指します。
- 経営学に関する知識(ビジネス・フレームワーク)
- リーダーシップや意思決定能力など(ヒューマンスキル)
- 論理的に物事を把握し考える力(コンセプチュアル・スキル)
- リーダーとしての志(ウィル)

(3)カリキュラム体系

基本・応用・展開の3段階で構成され、基本19科目、応用・展開19科目中、計24科目程度を履修。
- 基本:論理思考力の育成、組織・人事、マーケティング・経営戦略、会計・財務の全領域にわたる基本理論の修得およびケースメソッド学習。「クリティカル・シンキング」「マーケティングⅠ」「ファイナンス基礎」 等
- 応用:基本科目での知識をベースにケースメソッド・演習・実習によって実践的な知の修得、意思決定の訓練を実施。「企業家リーダーシップ」「テクノロジー・マネジメント」「アカウンティングⅢ(税務会計)」等
- 展開:事業創造ならびに事業変革について、実際の起業、事業変革の場面を想定した実践的な内容を学習。「ベンチャー戦略」「ファイナンシャル・リオーガニゼーション」「研究プロジェクト」等

(4)教員

ビジネス経験豊富なマネジメントをはじめとする実務家教員ならびに学識豊かな研究者教員が担当。
- 学 長 堀 義人 (グロービス・グループ代表)
- 名誉学長 ジェームズ・C・アベグレン (アジア・アドバイザリー・サービス株式会社 会長)
- 研究科長 田崎 正巳 (株式会社グロービス オフィサー)

(5)クオリティー・ギャランティー制度

本学に入学された学生が、提供された教育の質に満足しなかった場合、無条件で受講料全額を返金する
「クオリティー・ギャランティー(品質保証)制度」を導入。

(注:卒業に必要な全単位の修了要件を満たした後、一定期間内の申請に限る。
同制度適用の場合、学生への単位認定・学位付与は行わない)

【 経営大学院の概要 】
(1)名称 : グロービス経営大学院大学 英文名:Graduate School of Management, Globis University
(2)開学時期 : 2006年4月
(3)学科 : 経営研究科 経営専攻
(4)学位 : 経営学修士(専門職) 英文名:MBA(Master of Business Administration)
(5)設置場所 : 東京(千代田区)、大阪市 (弊社既存校のうち名古屋校は対象外)
(6)定員 : 2006年4月生、10月生 計60名募集
(7)カリキュラム : 基本科目19科目、応用・展開科目19科目中、計36単位(約24科目程度)を履修
(8)開講時間 : 平日夜間・土日
(9)履修年限 : 標準2年、最長5年
(10)修了要件 : 2年間以上在籍し、36単位を履修すること

(参考)

◆グロービス・グループについて URL:http://www.globis.co.jp/

グロービスは、経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」のビジネス・インフラを構築し、社会の創造と変革を行うことを目指して、現在、①ビジネススクール、②企業内研修、③経営研究:書籍出版、④ベンチャーキャピタル、⑤人材紹介の5事業を展開しています。

  • ハーバード・ビジネス・スクールや自社開発教材を用いた欧米ビジネススクール(経営大学院)レベルの教育機会を提供し、2万人におよぶビジネスリーダーを輩出するグロービス・マネジメント・スクール(GMS)
  • 法人向けに人材・組織開発事業を展開し、250 社を超えるクライアント企業を持つ
    グロービス・オーガニゼーション・ラーニング(GOL)
  • 経営に関する実践的で最先端の経営技術を研究・出版し、100 万部を超える出版実績を持つ
    グロービス・マネジメント・インスティテュート(GMI)
  • マネジメント人材発掘・紹介により人材の最適資源配分の促進を目指し、1 万人を超える登録者数を持つ
    グロービス・マネジメント・バンク(GMB)
  • ハンズオン型ベンチャー投資を行い、200 億円を超えるファンドを運営し、約30 社への投資実績を持つ
    グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)

本リリースに関するお問い合わせ先
グロービス・グループ ブランド・コミュニケーションズ(広報)
Email:pr@globis.co.jp Tel:03-5275-3870 Fax:03-5275-3865

大学院設置準備室(東京校・大阪校共通)
E-mail: Globis-MBA@globis.co.jp Tel:0120-153-981 Fax:03-5275-3787
URL:www.globis.co.jp/mba/

ページの先頭へ

プライバシーポリシー | お問い合わせ

©GLOBIS All Rights Reserved