ニュースリリース

Globis

2004年12月02日
Download PDF

ニュースリリース

-書籍発売のお知らせ-
新シリーズ 「グロービス思考シリーズ」 第一弾
『パワー・プレゼンテーション――説得の技術』 12月2日発売

「MBA シリーズ」などの経営書を出版する株式会社グロービス(東京千代田区、代表 堀義人)は、新シリーズ「グロービス思考シリーズ」を立ち上げます。第1 弾として、翻訳書『パワー・プレゼンテーション――説得の技術』(ダイヤモンド社刊)を2004年12月2日から全国書店にて発売します。

タイトル: 『パワー・プレゼンテーション――説得の技術』
著者 : ジェリー・ワイズマン
訳者 : グロービス・マネジメント・インスティテュート
価格 : 本体2,200円+税
発売日: 2004年12月2日
体裁 : A5版ハードカバー/230ページ
発行 : ダイヤモンド社

<「グロービス思考シリーズ」について>

新シリーズ「グロービス思考シリーズ」では、ビジネスパーソンに求められる論理的思考力と問題解決力を強化し、実際のビジネス場面でどう活用すればよいのかを、具体的な事例を用いながら提案していきます。本シリーズでは、ビジネススクールや企業研修で思考分野の科目を担当するグロービス講師陣による書下ろしを中心としながら、海外の良書も翻訳紹介していきます。
今後、2005 年前半に、グロービス講師執筆による『クリティカル・シンキング(仮)』の基礎編、実践編を出版予定です。

<本書の内容について>

プレゼンテーションで最も大切なのは、伝えたいメッセージを的確に伝え、相手に行動を促すよう説得することです。そのためには、身振り手振りや声のトーンなど表面的なスキルよりも、聞き手がスムーズに話の内容を理解できるようにすること、つまり、語るべき内容を見極め、話の流れをつくることが重要になります。
本書では、シリコンバレーで数多くのベンチャー企業のプレゼンテーションを支援してきた著者が、豊富な実例を用いながら「説得の技術」をわかりやすく紹介しています。

◆グロービス・グループについて URL:http://www.globis.co.jp/

グロービスは、経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」のビジネス・インフラを構築し、社会の創造と変革を行うことを目指して、現在、①ビジネススクール、②企業内研修、③経営研究:書籍出版、④ベンチャーキャピタル、⑤人材紹介の5事業を展開しています。

  • ハーバード・ビジネス・スクールや自社開発教材を用いた欧米ビジネススクール(経営大学院)レベルの教育機会を提供し、2万人におよぶビジネスリーダーを輩出するグロービス・マネジメント・スクール(GMS)
  • 法人向けに人材・組織開発事業を展開し、250 社を超えるクライアント企業を持つ
    グロービス・オーガニゼーション・ラーニング(GOL)
  • 経営に関する実践的で最先端の経営技術を研究・出版し、100 万部を超える出版実績を持つ
    グロービス・マネジメント・インスティテュート(GMI)
  • マネジメント人材発掘・紹介により人材の最適資源配分の促進を目指し、1 万人を超える登録者数を持つ
    グロービス・マネジメント・バンク(GMB)
  • ハンズオン型ベンチャー投資を行い、200 億円を超えるファンドを運営し、約30 社への投資実績を持つ
    グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)

本リリースに関するお問い合わせ先
グロービス・グループ ブランド・コミュニケーションズ(広報)
E-mail:pr@globis.co.jp  TEL:03-5275-3870  FAX:03-5275-3890

ページの先頭へ

プライバシーポリシー | お問い合わせ

©GLOBIS All Rights Reserved