ニュースリリース

Globis

2002年11月25日
Download PDF

ニュースリリース

『グロービス・マネジメント・レビュー(Globis Management Review)』(季刊)2002年12月16日(月)ダイヤモンド社から創刊!

~累計80万部を超える『MBAシリーズ』(ダイヤモンド社)の編著者であるグロービスが、現代のビジネスパーソンが知っておくべきビジネスフレームワークと、ビジネスの現場でグロービスが収集・考案した最新の知識・知恵を提供する季刊誌を創刊します~

グロービス・マネジメント・インスティテュート(グロービス・グループ:代表・堀義人)は、現代のビジネスパーソンが知っておくべきビジネスフレームワークと、ビジネスの現場でグロービスが収集・考案した最新の知識・知恵を提供する『グロービス・マネジメント・レビュー』を12月16日にダイヤモンド社から創刊します。

1、創刊の背景

<“書籍タイプ経営誌”へのニーズの高まり>
経済の不確実性が高まる中、外界の状況や変化を「解釈」し、戦略を編み出す知識と思考力がビジネスマンに求められています。そうしたビジネスマンの経営に関する知識・知恵の獲得・アップデートニーズの高まりから、“書籍タイプ経営誌”(*注1)が最近部数を伸ばし、また新規創刊が相次いでいます。

一方、顧客(読者)の声として以下のような声があがっているのも事実です。
・米国発だけではなく、日本の実態により即した経営理論が知りたい。
・さらに実際のビジネスに応用しやすいものが欲しい

そこで、日本のビジネスマンの「実践的な経営知」に対するニーズに応えるべく、グロービスとダイヤモンド社は、2002年12月に「グロービス・マネジメント・レビュー」を創刊します。

*注1
“書籍タイプ経営誌”:代表例として「ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビュー」「リーダーシップ・ストラテジー」(ダイヤモンド社)、「一橋ビジネスレビュー」「Think!」(いずれも東洋経済新報社)など。価格はいずれも1600円~2000円。

2.グロービス・マネジメント・レビューのポイント

<コンセプト>

“現代のビジネスパーソンが知っておくべきビジネスフレームワーク”と、“ビジネスの現場でグロービスが収集・考案した最新の知識・知恵”を提供し、「ジャパン・モデル型経営」「日本における“ビジネスの創造と変革”」を加速させるインフラとするべく創刊します。したがって、アカデミズムに走るのではなく、また単なる事例紹介や評論にとどまることなく、「経営理論と実践の融合」「経営教育・啓蒙と実践の融合」を図ることを目指しています。

<ターゲット読者>

20~40代をメインとしたビジネスの創造と変革を担うビジネスリーダー、ビジネスリーダー候補

<特徴>

◆“ビジネスの現場でグロービスが収集・考案した最新の知識・知恵”をベースにした先端的(エッジ)な情報発信

・グロービスは、人材・組織開発事業、ベンチャーキャピタル事業、人材紹介事業というエンティティを持っています。自らが“事業創造”と“企業変革”の現場に携わっていることで生まれた、真に実用的な経営知を発信していくことができます。

・グロービスは自らが事業体として経営を行っているので、「経営理論」として発表したことをすぐに自ら「実践」して検証することができます。すなわち、経営の実践→経営理論化のスピードが格段に早くなっています。

◆“現代のビジネスパーソンが知っておくべきビジネスフレームワーク”を発信

現代のビジネスパーソンが知っておくべきビジネスフレームワークを時代にあわせてアップデイトして発信します。一部の「プロ」向けではなく、ビジネスリーダー(候補)たる読者諸氏が当事者意識を持って読み進められるように配慮した実践的、具体的な記述となっています。

<執筆者>

グロービスのネットワークを活かし、実際にビジネスに携わっている方々に積極的にご執筆頂きます。

◆グロービスでマネジメント人材教育を行っている外部契約講師または社員講師

以下の要件を持つ方が講師です。

・第一線で活躍しているビジネスリーダーであり、当該分野における業務経験が豊富な方(企業のマーケティング担当責任者など)
・体系的に経営学を修得し、かつ経営者の視点で意思決定できる方(MBA取得者、または同等の資格/経験を持つ方)
・ケースメソッド(ディスカッション)で考える力を与え、かつ向上させることができる方

◆グロービス社員

ベンチャー・キャピタリストや「企業のマネジメント人材・組織開発」担当のコンサルタントなど、「ビジネスの創造と変革」の現場に立ち会っている社員が、現場から得た知見を基に執筆します。

◆グロービスのベンチャーキャピタル部門投資先経営陣

投資先ベンチャー企業の経営陣に、ビジネスの現場から得た知見を基に執筆して頂きます。

3、「グロービス・マネジメント・レビュー」概要

タイトル: Globis Management Review(グロービス・マネジメント・レビュー)
体裁: A4版、180ページ程度
出版元:ダイヤモンド社
価格:1800円(税別)
販売形態:一般書店での販売+予約購読
発行頻度:年4回(季刊)
第一号発売日:2002年12月16日(月)

【内容・一部抜粋(予定)】

◆“ビジネスの現場でグロービスが収集・考案した最新の知識・知恵”をベースにした先端的(エッジ)な情報発信

・ワークスアプリケーションズ:成長を加速する資金調達/嶋田毅・笹川利哉(ベンチャー成功事例~ビジネスの創造~)

<嶋田 毅>
東京大学大学院理学系研究科修士課程修了後、戦略系コンサルティングファームに入社。経営コンサルタントとして戦略立案及び実行支援を行う。その後、外資系メーカーを経てグロービスに入社。現在、グロービス・マネジメント・インスティテュート部門執行役員として経営研究、出版事業を統括。グロービス・マネジメント・スクール、グロービス・オーガニゼーション・ラーニング(企業研修)において経営戦略、マーケティング、定量分析等の講師も務める。共著書に『MBAマーケティング』『MBAビジネスプラン』『新版 MBAマネジメント・ブック』(以上ダイヤモンド社)、『個を活かし企業を変える』(東洋経済新報社)など。雑誌等への寄稿多数。

<笹川 利哉>
慶応義塾大学経済学部・同大学法学部法律学科卒業。
英国ロンドンビジネススクールファイナンス修士課程終了(Masters in Finance)。日本興業銀行にて、中堅企業向け営業、不良債権担保不動産バリュエーション、中東駐在リレーションシップマネジメント、ロンドン支店企画業務、プロジェクトファイナンス案件審査などに従事。現在、マネジメント・インスティテュートにて主にファイナンス分野のコンテンツ開発とプライベイトエクイティ分野のリサーチ、およびファイナンス分野の講師を担当。

・「3つの"I"」で組織を変える/大島洋(企業変革)

<大島 洋>
慶應義塾大学法学部政治学科卒業。米国デューク大学経営大学院修士課程修了(MBA)。大手エレクトロニクス・メーカーにて、情報通信大型プロジェクト、国内人事労務管理、国際人事企画、事業本部事業計画策定等の業務に従事した後、グロービス入社。同社では、人材・組織開発プロジェクトの企画・運営、人材・組織関係を中心としたコンテンツ開発、マネジメント・スクールや企業研修(オーガニゼーション・ラーニング)における講師を担当。共著に『個を活かし企業を変える~絶えざる企業変革を促す3つの“I”』(東洋経済新報社)

◆“現代のビジネスパーソンが知っておくべきビジネスフレームワーク”を発信

・コーポレート・コーチング/加藤 雅則 (人材マネジメント分野)

<加藤 雅則>
慶應義塾大学経済学部卒業後、日本興業銀行に入行。カリフォルニア大学バークレー校経営大学院終了(MBA)。ユーロ市場における社債引受業務の他、資産証券化、デリバティブ等を活用したストラクチャード・ファイナンスの組成を行った。金融監督庁アドバイサーを経て、現在、事業投資育成会社のシニア・インベストメント・オフィサーに就任。企業買収、新規事業投資を担当している。また個人事業として、生涯教育関連の出版企画会社を経営している。文部省生涯学習局長委嘱研究会委員。子ども環境会議(NPO)事務局長。

・経験価値創造のブランド戦略/小林 理生 (マーケティング分野)

<小林 理生>
大学卒業後、広告代理店に入社。訳書に『ハーバードで教えるマーケティング戦略』(日本生産性本部 共著『MBAマネジメントブック』(ダイヤモンド社)など。マーケティング専攻。(東京大学工学部卒業・米国ピッツバーグ大学経営大学院修士課程(MBA)修了)

●関連URL
http://www.globis.co.jp/gmi/
http://gmr.diamond.co.jp/

以上

2002年12月吉日

『グロービス・マネジメント・レビュー』 創刊記念セミナー
テーマ:『創造と変革のジャパンモデル』

~日本における企業の創造と変革の成功要因を探る

総発行部数80万部を誇る『MBAシリーズ』が、季刊誌「グロービス・マネジメント・レビュー」として生まれ変わりました。創刊を記念して特別セミナー「創造と変革のジャパン・モデル」を開催いたします。

日本に活力を取り戻すために、あるいは日本が再び世界経済の表舞台に踊りだすために、我々はいま何をしなくてはならないのか。

最前線で戦う経営者の立場、そして情報を発信するメディアの立場からの気鋭の識者が集い、熱のこもった議論を交わします。多くの方々のご参加をお待ち申し上げます。

【内容】

第一部:『創造と変革の現場から』(計50分)-順不同
     玉塚元一氏(株式会社ファーストリテイリング 代表取締役社長)
     小城武彦氏(カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 代表取締役常務)
     牧野正幸氏(株式会社ワークスアプリケーションズ 代表取締役CEO)
     モデレーター:加藤隆哉(グロービス・マネジメント・バンク 代表取締役)

第二部:『経営知の拡大再生産』(計50分)-順不同
     米倉誠一郎氏(一橋ビジネスレビュー編集委員長、一橋大学教授)
     上坂伸一氏(ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビュー編集長)
     堀義人(グロービス代表)
     モデレーター:嶋田毅(グロービス・マネジメント・レビュー編集長)

日程 :2003年2月7日(金)19-21時

場所 :ダイヤモンドホテル(地下鉄半蔵門駅直結)
    http://www.diamond-hotel.co.jp/map.html

料金 :5,000円(GMR定期購読申込者は3,000円)

主催 :ダイヤモンド社・グロービス

詳細 :http://www.dhbr.net/seminar/gmr01.html

参加申込 :上記URLからお申し込みください。


本件に関するお問合せ先(広報担当窓口)
グロービス・グループ ブランド・コミュニケーションズ(広報)
E-mail:pr@globis.co.jp TEL:03-5275-3870 FAX:03-5275-3865

ページの先頭へ

プライバシーポリシー | お問い合わせ

©GLOBIS All Rights Reserved