ニュースリリース

Globis

2002年02月13日
Download PDF

ニュースリリース

マネジメント参考書として21 万部(シリーズ累計70 万部)の発行部数を誇るベストセラー MBAシリーズ「MBAマネジメント・ブック」が全面改訂!

マネジメント参考書の元祖、MBAシリーズ「MBAマネジメント・ブック」が時流に合わせた新しいトピックスを追加し更にパワーアップ、改訂版として2002年2月7日に発売されました。

●多くのビジネスリーダーから座右の書とされている「MBAシリーズ」

1995年に出版が開始された「現実のビジネスに活用可能な形で、MBAで学ぶエッセンスをコンパクトにまとめた」MBAシリーズ第1弾の『MBAマネジメント・ブック』を、この度、大幅に改訂し出版いたしました。
当時(1995年7月)はこのような書籍は出版されておらず、日本ではニーズは少ないであろう、と言われた「MBAマネジメントブック」ですが、7年弱の間に32版を重ね21万部の発行部数となりました。「MBAシリーズ」全体の累計発行部数は70万部にのぼり、ビジネス書としては画期的な売上げとなっています。

■参考1 :MBAシリーズ発行部数の推移

読者層はビジネスパーソンが主となっていますが、特筆すべきは、本書が企業研修の教科書として数多く指定されていることです(大手通信会社の新人研修など)。管理職にも経営のバイブルとして座右に置いて頂いている方が多いようです。
大学・大学院の経営学部(ビジネススクール)の教科書としても使われており、海外にMBA留学する方が参考書として「MBAシリーズ」を持参されるケースもあるようです。

●ヒットの背景は?

続々と開講される大学院のMBA課程、相次ぐ「MBA」を冠した初学者向けのビジネス書籍の登場など、「MBA」への注目度が再び高まっていることがヒットの背景として考えられます。
これらは、ビジネスパーソンの間に今日の厳しいビジネス環境を勝ち残っていくためには「MBA(経営学修士)」の教育課程で教えているような経営のサイエンスを一通り学んでおくべきだ、という認識が生まれているからではないでしょうか。

■ 参考2 :日本人のGMAT受験者数推移

■参考3 :グロービス・マネジメント・スクールの受講生者数の推移

*GMATとはアメリカのビジネススクール(経営大学院)に進学する際に受験するテストですが、第二次MBAブームといえるここ数年では日本人受験者数が伸びています。
*グロービス・マネジメント・スクールの受講生者数は年々増加、現在は年間延べ6000 人が受講しています。

■参考4 :グロービス・マネジメント・スクール受講生の受講目的
グロービス・マネジメント・スクール受講生の受講目的に多く見られるコメントは、

  • 一位、これからのビジネスキャリア構築のために必要と思った。
    (→将来的に経営知識がますます必要という認識)
  • 二位、業務能力の向上のために体系的に経営を学びたい。
    (→将来的に経営知識が必要なのはもちろん、現在も既に最低限の経営知識が必要となってきている)となっています。

※注:グロービス・マネジメント・スクール(GMS)
年間200コース、延べ5000人以上の卒業生を輩出する国内最大規模の民間ビジネス・スクール。92年の創立以来、欧米ビジネススクールと同水準のハイレベルなMBAプログラムの提供を目指してきています。2003年4月から、国の認可によらない、実質的なMBAとして社会的に認知されることを目指す「社会認知型MBAプログラム」をスタートさせる予定です。

●今回の「MBAマネジメントブック」改訂のポイント

グロービスの「MBAシリーズ」は1995年7月に第一弾として「MBAマネジメントブック」を出版、その後続編を次々と出版し、現在では9巻のラインナップ(*注)となっています。

※注:現在出版されている「MBAシリーズ」は次の通りとなります。
 「MBAマネジメント・ブック」 「MBAアカウンティング」 「MBAマーケティング」 「MBAビジネスプラン」 「MBA経営戦略」
 「MBAファイナンス」 「MBAゲーム理論」 「MBAクリティカル・シンキング」 「MBAオペレーション戦略」

実践で役立つ経営理論やビジネス・トピックを簡潔にまとめたベストセラー『MBAマネジメント・ブック』の編集コンセプトは次のとおりです。

  1. MBAのコア・コースで学ぶ内容をほぼ網羅MBA1年間の必修科目のうち、特に重要と思われる「経営戦略」「マーケティング」「アカウンティング」「ファイナンス」「組織・人」「IT」「ゲーム理論・交渉術」の7科目を網羅。
  2. 現実のビジネスに活用できる経営理論のエッセンスを簡潔に説明各科目のうち現実のビジネスに応用可能なテーマのみを取り上げ、1科目15ないし20のテーマに絞り込む。また各テーマを見開き2ページにまとめ、左上に「ポイント」、引き続き「本文」、そして右下に「図表」を載せるという統一フォーマットでわかりやすくコンパクトに説明。
  3. 経営分析の手法と戦略立案のフレームワークを重点的に解説経営学の知識・分類に重点を置くのではなく「移り変わりゆく経営環境にどのように対処すべきか」という課題を解決するのに必要な分析手法と戦略立案の枠組み(フレームワーク)を提示。

今回の新版は、旧版をベースに最近の経営環境を踏まえて、旧くなった事例や項目を入れ替えたり、加筆修正を行っています。コンセプトやスタイルなど旧版の良い部分を残しながら、さらなる内容の充実・強化を図りました。「ウェブ・マーケティング」「連結会計」「EVA」「エンパワーメント」「ナレッジマネジメント」などのトピックも新しく取り上げています。的確でスピーディーな意思決定が求められる時代の経営者やビジネスパーソンに必携の書です。

●今後も続々と発行予定。ラインナップはますます充実します。

「MBAシリーズ」は、社会人向けのビジネス・スクール「グロービス・マネジメント・スクール」や企業向けの組織開発研修事業「グロービス・オーガニゼーション・ラーニング」で実際にビジネスパーソンや経営の現場に向き合い、培った知見を活かしながら、新刊「MBA人的資源管理」「MBA定量分析と意思決定」(仮タイトル)などを出版予定。ビジネスパーソンのニーズに答えるようラインナップをますます充実させていく予定です 。

【タイトル】 新版 MBAマネジメント・ブック
【 編著者 】 グロービス・マネジメント・インスティテュート
【 定 価 】 本体 2,800円(税別)
【 発刊日 】 2002年2月7日
【 コード 】 ISBN4-478-97044-0
【 発 行 】 株式会社ダイヤモンド社

※書籍写真、DATA をご用意しておりますので、ご希望の際は下記(広報担当窓口)までご連絡ください。


本リリースに関するお問い合わせ先
グロービス・グループ ブランド・コミュニケーションズ(広報)
Email:pr@globis.co.jp Tel:03-5275-3870 Fax:03-5275-3865

ページの先頭へ

プライバシーポリシー | お問い合わせ

©GLOBIS All Rights Reserved